話し合いの進め方

夫から別れるように要求されているのか、それとも妻が別れたいのか、原因は?別居中?などなど、

話し合いの進め方といっても、それぞれの事情によって全く異なります。

※掲載内容はごく一例であり、様々な状況を判断して慎重に行動を起こす必要があります。安易に判断せず、専門家に相談する等して、貴女の次なる行動を決めることをお薦めします。

協議離婚の申し入れ

旦那と別れたい、と意志は固いが、到底合意してくれないだろう、という場合、先に別居してしまう手もあります。
もちろん夫の了解なしにです。

しかし、独断は禁物。これについては弁護士に相談の上、指示に従うことを強くお勧めします。また、この件については、弁護士のアドバイスも分かれる可能性があります。

 

こういう方法をとる例としては、

なんでこの結婚に執着するの?とっくに夫婦関係が破たんし、一緒に生活していても何も良いところがないにも関わらず、離婚を拒否し続けるケースや、

妻が日常的に精神的苦痛を受け、ある日、大きな出来事をきっかけに、堪忍袋の緒が切れて家を飛び出して別居を開始するケース、

今まで何度も離婚したい旨を夫に告げているが、
まともに取り合ってくれない、話し合いができない状態、怒り出して話し合いにならないケース等。

しかし、別居といっても、受け入れてくれる実家がない、お金がない、この家は私のもの、という妻はこういう方法をとるのは難しいでしょう。

まずは協議離婚を目指す

財産分与の問題も含め、夫婦で円満に話し合いを進めることができたらそれは非常に良いことです。

しかし、仲が悪いから、裏切り行為等があったからこそ離婚をするケースが多いため、なかなか話し合いがうまく進みません

夫がなかなか合意してくれない夫から強く要求されている、様々な状況がありますが、
離婚は結婚以上に大変な出来事、作業だといわれています。

もう夫婦で話し合うのも嫌だ、という方もいらっしゃいますが、
最後だと思って、DVなどの問題がなく夫婦での話し合いが可能ならば、ここは我慢です。

財産分与など、しっかりと離婚公正証書を作成する。

嫌でも多くのことを話し合わなければいけません。

離婚の合意ができたら、次は財産分与、養育費、慰謝料などをきっちりと取り決め、協議書や公正証書の形にしましょう。

「ちゃんと払うんだから必要ないだろう!」「信用していないのか?」

相手が嫌がることも考えられますが、経済的な不安がある妻はしっかりと離婚公正証書を作成しましょう。

内容の検討が非常に大事です。

話し合いの進め方チャート

離婚するなら、是非おさえておきたい!!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家庭裁判所の利用

調停委員が決めてくれる調停をすればすべて決めてもらえる
そういうものではありません。
話し合いをろくにせず、調停を安易に利用して逆効果になってしまった例をご紹介します。

離婚の知識が全くない状態、夫婦でもほとんど離婚の話し合いをしていない状態で、家庭裁判所でなんとかしてもらえると思って調停を申し立てたAさん。

家庭裁判所ではよく分からないまま物事が決められていき、調停調書まで作成されるに至りました。
ご自身、内容に全然納得していないとのこと。調書が作成された後になって、専門家のところに相談しに行き、調停で決めた内容に納得がいかない、どうにかならないか?という相談に行ったとのこと。

非常にまずい進め方です。自分のことであるにも関わらず、人任せです。そして、”契約をする”ことに対しての意識が低すぎます。

一般の方は”契約をする”ことに対しての意識が低いことは、いろいろな消費者問題が起きていることからも傾向としてあると思いますが、離婚においては、話し合いの過程で、専門家の力を借りたり、自分で調べたりしながら、知識をつけて、最終的に離婚協議書や離婚公正証書などで契約をします。

上の例のAさんは、そのような過程を飛ばして、調書の作成まで来てしまいました。調停が終わって、やっとこの進め方はおかしい、と気づき専門家のところに出向くのです。

このような進め方は避けたいです。

話し合いができないときの進め方

夫が怖い

寄せられる相談の中ではごく少数ですが、
最初から夫婦の話し合いを諦めて、弁護士に間に入ってもらった方が良い場合があります。

例えば、夫が非常に凶暴な人間の場合。

DVはなくても、日頃暴言が激しく、主従関係のような夫婦関係であり、対等な話し合いが全くできない等。

こういった時は、2人で協議することを最初から断念し、弁護士を入れる方が良いと思います。

顔を合わせたくない場合の進め方

また、凶暴な夫ではないものの顔を合わせたくない、弁護士を雇うことは費用面から無理、という場合は、やはり自分たちでどうにか協議を進める、ということになります。

話し合いといっても、実際に顔を合わせず、”書面で”という方法があります。離婚を成立させるには、離婚届を役所に提出すれば良いわけです。

これは郵送で双方が署名押印し合えば可能です。

離婚協議書についても同様で、メール、ファックス、郵便を使って内容をすり合わせ、最終的に署名押印し合えば良いのです。

ただ、弁護士を立てない場合は、離婚公正証書作成時に、公証役場で1時間ほどは夫婦同席を我慢する必要があります。

離婚の話し合いの過程で思うこと

前言っていたことと違う

このように感じる妻は多いのではないでしょうか?例を挙げたらきりがないのですが、いくつかご紹介します。

  • 住居をくれて、しかも住宅ローンも完済まで支払ってくれると言っていたのに、今は、住宅ローンの一部の負担を私に迫ってきている。
  • 離婚もしょうがないかなあ、と離婚に前向きだったのに、今は拒否している。
  • 慰謝料500万円支払うといっていたのに、相場が300万円だから相場しか払わない、と言い出した。

妻としては、貴女が前にそう言ったから離婚しても仕方ないかと思ったのに、、、と、夫の主張の変更に納得がいかない思いをされることが多いようです。

これは非常によく起こることです。
夫が誰かのアドバイスを受けている、いろいろと知識をつけ、具体的に考えがまとまってきた、、、ということが原因と考えられます。

話し合いに加わる人

夫婦で話し合って、離婚すること、財産分与の取り決めをすることが一番多いと思いますが、夫婦以外の人が話し合いに加わることもよくあることです。

双方の親も加わる

影ながら話し合いの進捗を見守る、というのではなく、協議の場に親が同席することも珍しくありません。

自分の息子、娘を善、相手を悪として考えているので、修羅場になりやすい状況です。同席しないといけない特別な理由がある場合を除き、基本的には、親は”陰ながら”支える存在でいた方が、話し合いがスムーズではないかと思います。

女性の親戚

妻の手助けとして、女性の親戚が加わることがあります。

夫からのDVを受けていなくても、不仲状態では夫も男ですから、殴られたらたまりません。暴力をふるうタイプでないにしても、話がこじれてきたら手が出てくる可能性も否定できませんので、親族の女性に頼んで同席してもらう方もいらっしゃいます。

夫と直に連絡が取れず、話し合いが硬直した場合に、連絡役として親族の女性が間に入ることもあります。夫婦以外の人間が入っても仕方ないような状況で、身近な女性に間に入るように頼むようです。

双方の両親が出てくるよりは、穏便に進むようです。

【前へ戻る】適性チェック

【次ページ】貴女のベストな離婚のタイミング

>>30代の特徴。出産、再婚リミット、抱える経済不安。
>>40代の離婚の特徴・分析