世代別

40代の離婚の特徴・分析○○

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40代の離婚の特徴・分析

阿部のもとには、40代の妻からのご相談が多く寄せられます。

40代、30代からのご相談が他の世代と比べると突出しています。

40代といっても、41歳と49歳では大きく状況が異なりますので、「40代の離婚の特徴・分析」をお読みになった後に、

30代の特徴。出産、再婚リミット、抱える経済不安
【50代の特徴】他の年代と違うポイントをギュッと解説

も併せてご覧ください。貴女の今の状況にあてはまること、きっと見つかると思います。

貴女の今の状況は、

40代の場合、結婚生活は10年を超えている方が多いです。

代表的な属性を挙げると、次のようなもの。

  • 子供が小学生から高校生くらい。
  • 夫の浮気、あるいは、夫婦の性格の不一致を原因に離婚問題に直面している。
  • 今まで夫婦間で多くの問題を抱えてきた。我慢を続けてきた。
  • 思いとどまる理由は、経済不安と子供のこと。
  • 住宅ローンがまだ残っている。
  • 夫と別れた後の経済的な不安を抱えている。

そして、貴女の性格は、

温厚、まじめ、
ちょっと優柔不断なところがあるかも
自信もどちらかというと無い方(根拠なく自信を持つタイプではない)
古風、良妻賢母を良しとし、そのように努めたいと結婚した

いくつか当てはまりますか?

そして、

今まで結婚生活が続いてきたのは、

今まで結婚生活が続いてきたのは、夫婦で乗り越えてきた、というよりは、”私が我慢し、妥協してきたから”、ではないでしょうか?

結婚生活がつらいのは、なにも数年前からの問題ではなく、ずっと以前より何かしらの問題があったり、いやいや、結婚当初より深刻な問題を抱えていたが、我慢を続けてきた、

という状況ではないでしょうか?

とうとう限界を感じるようになった40代

30代が幸せで40代になって問題が勃発、というケースもあるけれど、いやいやずっと我慢を続けてきたという方は非常に多いのです。

原因は、

価値観の相違・性格不一致、モラハラ

浮気

の問題であることが多い。

結婚後ずっと夫婦不仲でやってきました。

<例えば、こんなよくある一例>

結婚後ずっと夫婦不仲でやってきました。

旦那が何を考えているのか分かりません。離婚はしたくないようですが、私への愛情はないと思います。多分、いたら便利な家政婦さん、と思っているんだと思います。

もう我慢の限外です。(青梅市 専業主婦 40代女性)

価値観の相違、性格の不一致は、「性格の不一致は、離婚の覚悟まで何年もかかることが多い」でもお話ししているとおり、

「ああ、もう修復はこの人とは無理なんだ」という判断に至るまで、時間を要します。

私が悪い、我慢が足りないという思考に陥りやすい貴女は

ズルズルと30代を苦しいままに過ごし、40代に突入し、いよいよ、「いやっ???これは私じゃなくて、絶対に夫がおかしい」とか「修復ができない関係がある」と悟ります。

なんて無駄な月日を過ごしてしまったのか、、、

上述した、温和、我慢強い、古風な貴女の場合、

この見極めに至るまで、10年以上の月日を要し、40代になってもう無理、限界となるのです。

これを読んで、「ああ、なんて無駄な月日を過ごしてしまったのか、、、」と落ち込む必要はありません。

それは、

本当に多くの方が、このような状況に陥っていますので、仕方がない、のです。性善説、人は皆仲良くできるという考えで生きている方が多いと思いますし、

はっきりと、

どうしても仲良くできない関係がある、

と教わったことはないのですから。そして、そういう人の見極めや対処法も教わったことがない。

では、専門家を頼ろうにも、専門家もいろいろ。

全然修復見込みがないと思っていても、修復を勧める専門家や、

早とちりすぎの専門家、など様々。

しかし、そうはいっても、同レベルに、同じ問題をずうっ~と悩み続けることはそろそろ終わりにし、

離婚する、しないは総合的に戦略的な考えで結論を出せばよく、

幸せを取り戻すには、どうしたらよいか?ということに考えを集中させていきたいですね。専門家もいろいろだ、ということを知ったうえで、専門家に相談してみましょう。

なんでも修復を勧めてくる専門家→「修復が無理だというのを自分で悟ことが大切」という考え

修復できるかも?という関係まで早とちりに離婚に向けて勧める専門家→実績が少ない可能性あり。

上記を踏まえておいていただけますと、専門家を妄信することはある程度防げると思います。ホームページで夢のようなことを謳っている場合、貴方の理性をしっかりと働かせ、自分の頭でしっかりと考えましょう。

そのうえで、

去年もおととしも、そして、今年も、来年も再来年も、、、

同じ問題を同程度に抱き続けるのは、そろそろ卒業してはいかがですか?

40代夫婦における浮気は?

40代女性

夫は浮気相手の女性のもとに行き、既に別居状態です。

近頃、夫から電話等で激しく離婚要求を受けています。私としては夫への愛情はもはやありません。

しかし、夫の身勝手な行動に腹が立ち、同時に、パート収入しかありませんので、経済的な不安があります。(清瀬市 40代女性)

浮気といってもいくつかのパターンが

性格の不一致と同じくらい多い問題ですが、ほとんどがパターンに当てはまります。
結婚後すでに10年以上経っていて、夫が単身赴任になり、それがきっかけで妻の知らぬ間に浮気を重ねていた。
相手方女性は、
夫の大学時代の彼女仕事場で知り合った女性等。そして、現在、離婚を経験して独身であるか、夫と不仲状態である、というケース。

結婚生活の中で、今回の浮気が3回目、、、とか、

いくつかのパターンがありますね。妻に離婚を要求してくる、してこない、等の違いもありますし、相手方女性がどういう人?ということによっても、今後の見込みは変わってきます。

詳細は、

浮気状況別分析
https://abetakako.jp/rikonsoudann/uwaki/

こちらをご覧くださいね。

妻は、相手方女性を全く知らないというケースが依然として多いですが、ちらほら、年賀状で存在を知っていた、夫の職場で挨拶したことがある、夫から話を聞いたことがある、というケースもあります。

40代妻の感情面では、

40代妻の感情面では、30代ほど夫への愛着、愛情をもっていないことが多く、妻は「子供が一番大事」とはっきりしています。

夫と離婚してもいいけれど、経済的な不安があり、判断に迷っている。また、夫の身勝手さに腹が立ち、怒りを覚える。

夫と別れるか、非常に重大な問題であるために、なかなかどうするべきか分からない方、考え方のポイント、可能な選択肢を、このサイトで情報提供等をいたします。

専門家によって、判断を見誤ることも

40代といっても、自身のこのような問題を客観的に見極めたり、浮気とはどういうものなのか?なかなかご存知ないのが現状です。さらに言うと、ドラマや、周囲の人のアドバイス、中には専門家によって、判断を見誤ることもあります。

阿部はあまりテレビドラマを見ないのですが、

以前、不倫を扱うドラマを参考に観てみました。・・・すると、、、実態とかけ離れています。

おそらく、実態をリアルにドラマにすると、視聴者は気分が悪く、誰も観ないようなストーリー展開になってしまうのかもしれませんね。

今さら、妻が下着をセクシーなものに変えたって、全然効果がないことだって多いのです。よく考えれば分かりますね?書籍には下着を変える云々が書いてあったりもするでしょうが、このサイトをご覧になっている方の多くは、いまさら下着を変えて何かが変わるという段階の話ではないように思います。

問題の根本はそういうことが原因でないことの方がほとんど、と思います。妻がキレイにしていることはとても良いことですが、妻がキレイ、魅力的であっても、浮気する夫は浮気します。

状況によりますが、

妻次第でどうにかできる、浮気をやめさせられる、妻力云々、、、は限界があります。

どうにもならないケース、非常に多いです。40代の貴女は、温厚、我慢不足?私のせい?って考える傾向にある方が多いので、自らの中に答えを見つけようと、探し続けると苦しいですよ。確かに、妻が原因だったり、機会を与えてしまったというケースもあります。

我慢に我慢を重ね40代まできた、、、そろそろ限界

結婚後、特に大きなトラブルはなかったけれども、ずっと夫婦仲が良いとは言えない状態が続いているケース。

夫の転職癖、借金問題、ケチ、嫁姑問題、、、代表的なトラブルの分析を、離婚理由こちらにまとめてあります。

非常に多くの方が当てはまる傾向、事例を、阿部がまとめていますので、是非ご覧ください。

だいたい、どれか1つ2つ3つ、当てはまると思います。職業(公務員医者自営業、、)によっても、トラブルの傾向というのは見えてきておりますので、参考にどうぞ。

そして、その問題において、夫は変わるか?という見込みも、どんな問題を抱えているか?によって傾向が見えております。「夫は変わるか?」に述べております。

40代妻の悩み、例えば

今は40代になっていますので、これまで、一時的な別居等、いろいろな問題を経験してきました。夫婦で乗り越えてきた、というよりは、私が我慢し、妥協してきた、というのが正しいと思います。

40代になり、妻の気持ち的に限界にきています。

しかし、まだ子育て中ですし、多くの妻の仕事はパート、又は専業主婦であり、収入は満足とは言えません。

自分の生活を立て直すなら、就職できる年齢を考えても”今が最後のチャンス!”と思うけれど、どうしたらいいのか分からない。このまま我慢するしかないのか?

離婚後の生活シミュレーション、キャリア。

非常に不安です。このまま何もせず50代に突入したとき、はじめて専門家を頼ってどうにかしようと考える、、、?とれる選択肢は減る一方です。

「あっ、この夫じゃだめだ」と確信するのと、実際に離婚するタイミングは別々に考えます。

貴女にとってベストな離婚のタイミング、こちらにヒントを載せていますので、ご覧ください。

40代で子なし、だから結びつけるものがない?

40代共働き夫婦(子なし)の相談では、子どもがいないので、愛情がないならこのまま一緒にいても意味がないんじゃないかと思う、、、という意見を聞くことがあります。

あまり詮索しないように”大人の関係”で

<例えばの代表例>夫婦それぞれ、お互いを信頼し、あまり詮索しないように”大人の関係”で一緒に生活をしてきた。私も仕事関係の男性と飲みに行くことがあるし、夫も同じと思う。

しかし、信頼していたにも関わらず、夫は浮気をするよになり、私に離婚要求をしてくるようになった。

仲が悪かったわけではないので、あまりに突然のことでショック。最初はなかなか受け入れられなかったが、夫からの離婚請求を受け続けることにつかれ、子どももいないんだし、心が離れたなら一緒にいる意味がないと、思うようになった。

子供がいればこうなってはいなかった、、、

子供がいればこうなってはいなかった、と思われている方は少なくないのように思います。

しかしながら、阿部のもとには、子供が3、4人いたって破綻している夫婦は沢山います。

子供がいないと、二人の結びつきが必要不可欠なものに感じられれないと思われていると思いますが、しかしながら、子供がいたからといって、夫婦の結びつきが強まる、とも言えません。

妻と子が固まって、夫が独りで孤立している家庭は多く存在します。子供(受験、教育方針、人格への影響、PTA、野球チーム)を夫婦不仲の原因にしてしまうこともあります。歯磨きの方法だって、深刻な喧嘩の一因になったり。

40代大人の夫婦で、それぞれが活発に異性と友人関係を続けている、と言うケースでいうと、

”浮気しやすい環境にあった”ということもあるでしょう。

”環境のせい”というのはありますね。風紀の乱れた職場のせいで、ということもあります。

悩み続けて時を過ごしている貴女。迷いつつ何もしないよりは、離婚するかどうか考えるのは頭の片隅においやって、ビジネススキルを身に着けるのが一番と思います。

この40代を過ごし、50代に突入すると、”我慢”しかとる道がないことはよくあることです。50代も若いです。人生あと何年?
やさしいことを言う人、希望にみちた本、そういうものに頼って時を過ごすのではなく、現実レベルにおいて、対策(稼げる力)をとっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加