全く反省すらしない夫 | 女性の生活を支える離婚相談
ハダギワバナー
電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

全く反省すらしない夫


>晴れ晴れとした気持ちで離婚

話し合いの場を儲けて最初の3か月ほどは、夫は私を批判するだけでした。

姑を大切にしなかった優しい言葉をかけなかった、、、姑に対する私の態度を事細かに批判してきます。

あるときは、私たちの結婚式の写真、旅行したときの思い出の品を並べてこんなに幸せで楽しいときもあったのに、お前はそれらすべてを捨てて、突然勝手に出て行った。

「全て原因はお前にある。」と言い、

夫自身、全く反省すらしません。

宣誓書や旅の思い出が、たとえ2人の大切な時間と品物であったとしても、

私にしてみれば、それらよりも少しでも早く苦痛な日々から解放されたい気持ちの方が大きかったのです。

姑と夫から遠ざかりたいの一心でした。

このような夫の出方に私の離婚の気持ちは益々強く、固まってきました。

協議がスムーズに進まなかったときは、先生の励ましをいただき、エネルギーをなんとか保ちました。

やっとの思いで住宅ローンの取り決め等、離婚条件について取り決める段階までこぎつけました。

しかし、ここでも態度を二転三転させる夫によってふたたび悩まされるのです。

一度決めた協議内容を、「そんな覚えない。取り下げろ。」と言い張ったり、夫に有利になるよう条件の変更を要求したりして、平気で覆すのです。これらは姑の指示であることは明らかでした。

「そんなにまでして金がほしいか。」と言われ、土地、家に関しては「俺の給料で購入し、住宅ローンも俺が払っているんだ。だから財産分与するなど考えられない。お前になんか受け取る権利はない。」と突き返され、

「満足な夫婦生活が送れなかった」とこじつけて慰謝料まで要求されました。

しかし、私は何を言われても耐えました。

こんな夫と別れられるのなら、と慰謝料の件は涙を呑んで受け入れました。

辛抱強く構えました。

良心を侮辱されたときは、さすがに我慢できず強く藩閥しましたが、話し合いをしてからの帰り道はいつも自分に言い聞かせました。

「今が一番つらいときかもしれない。でも、この暗いトンネルを抜け出れば姑と夫から束縛されない生活が待っている。」

【前へ戻る】当事務所との出会い

>晴れ晴れとした気持ちで離婚


フォローいただいたら、相談時特典あり!

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 最新情報はメルマガでゲットしてください!!!無駄なしの最新情報 ↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ

初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
福利厚生クラブ
地図・アクセス

このページの先頭へ