家庭内別居の実態・今後、離婚よりマシ? | 女性の生活を支える離婚相談
ハダギワバナー
電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

家庭内別居の実態・今後、離婚よりマシ?


1 こうして我が家は、家庭内別居になった

1-1 夫が口をきいてくれなくなった

夫に嫌われ、徐々に夫の態度が冷たくなり、ついに口もろくにきいてくれなくなって、家庭内別居状態になっている場合があります。

妻はできれば修復をしたいと考えていますが、夫が完全にコミュニケーション拒否なのです。

前々から夫は妻にいらだち、不快感を抱いており、妻や妻の実家への信頼を失い、「もうこいつらダメだ」と、見切りをつけ、離婚を考え始めます。

その前段階としての家庭内別居。寝室を分けるか、「もう、俺の飯つくらないでいいから!」からスタートでしょう。

夫が分かれをすでに切り出していることもあり、もはや離婚まで秒読み状態。夫がいづれ出ていくと思いますが、金銭面などの問題から、そう簡単には夫も自宅を出ていきません

金銭のこと、引っ越し先のメドが付き次第、夫は自宅を出て、家庭内別居は終了を迎えます。

家庭内別居中に(本当はその前が望ましいのですが)、本当の原因を把握しておきたいところです。

夫が告げる理由を鵜呑みにするのではなく、こちら側から本当の原因を知り、対策を立てていきたいところです。

性格の不一致から信頼関係崩壊に至る、典型パターンは性格不一致の傾向とパターンをご覧ください。当てはまりますか?

そして、夫から嫌われる理由という視点で自分をチェックした方は、【浮気】状況からの分析、今後の判断の仕方もお読みください。

繰り返しますが、

今、家庭内別居状態ならば、完全別居になる前に、本当の原因を押さえておきたいですね。

1-2 自宅が欲しい、夫に出ていってほしい!

自宅が欲しい、夫に出ていってほしい!

そう妻が思う家庭内別居では、夫の浮気が原因で夫婦関係が破たんしているケースによく見られます。

愛人と一緒に同棲を始め、自宅を出ていく夫もいますが、無責任、いいとこどりをしたい夫は、相変わらず自宅にいるのです。

生活の面倒は妻に見てもらい、楽しい恋愛を愛人と、といったところでしょう。

愛想をつかした妻は、自宅が欲しい、自宅が必要、ということから、自宅に居続けます。

そして、夫のための家事を拒否。

夫婦喧嘩を繰り返し、夫に出ていってほしいための交渉も続けていますが、これも金銭の問題や、「何で俺が出ていくんじゃ!」「お前が出ていけ!」ということから、なかなか事態が進まず、家庭内別居が何か月も続きます。

口も利かない状態とはいえ、激しい喧嘩、ののしりあいは時々勃発する、非常にストレスのある家庭内別居です。

もうどれくらい、今の家庭内別居が続いていますか?

貴女の年齢、キャリア、思考、性格、子供、いろいろな要素を踏まえ、今後のことを考える必要があります。

家をめぐって、膠着状態=家庭内別居が続いているならば、違う戦い方、選択肢がないか、一度頭を大きくして考えてみると良いでしょう。

凝り固まって、執着して、先に進まない。

そんな状態に陥っていて、今後どれくらい見込みがありますか?

穏やかな人生を取り戻すには、時には見切りをつけることも必要と思います。

1-3 徐々になった家庭内別居

夫婦の性格不一致の結果、陥った家庭内別居。もはや他人以下の状態に陥っていることがほとんど。

  • 首を絞められたらどうしよう、と怖い。
  • 嫌いすぎて、夫を直視できない。
  • 狭い家だけど、できるだけ合わないように動いている

こんな状態は家庭内別居では当たり前の風景。

ネット上いは、静かに穏やかに家庭内別居がなりたっているような記述も見かけますが、阿部の実感としては、少数ではないか?と思います。

穏やかに暮らせる相手なら、また仲良くすればいいのでは?

本当ーーーに、コミュニケーションしたくない相手だからこそ家庭内別居なのです。

妻は思いつめているのに、夫は理解せず、離婚拒否。今さら、「子どもが大事」とか、「子どもによくない」とか、家庭思いのつもりになっている。

それを聞くとムカムカとするほどの妻なのですが、
もう完全に価値観の相違で、夫は”夫婦は添い遂げるもの”と凝り固まっています。

一方の妻は、

こんなに信頼関係が崩壊して、家庭内別居状態ならば、別れた方が良い。子供にも良い、と考えています。

このような場合の話し合いというのは、もはや無駄といえます。

いつまでも無駄な協議に時を費やさず、そろそろ問題を進展させたいですね。

貴女にとって何が一番ゆずれないのか、優先順位をつけて、行動に起こすことはできるのでは?と思います。

家庭内別居から抜け出るには、
痛い出費を伴うこともあるかもしれません。でも、このまま年をとるのもそれはそれでリスクです。

多くの方は、要望を一色淡にかなえようとするから身動きずにいます。

子どもの学区を変えたくない、子どもが●●と言っている、、、、いろいろありますね。

貴女の生活のために、絶対に譲れないもの、妥協で譲れるもの、優先順位をしっかりとつければ、家庭内別居解消の糸口は見つかるのでは?

離婚より家庭内別居の方がマシなのか?

子どもが大きくなってから籍を抜きましょう、と夫婦で合意している場合や、妻が分かれたいのに、夫が「子どもが小さい」ということで拒否、ということで、家庭内別居を続けているケースがあります。

子どものために、、、

ということなのですが。家庭内別居が本当に子どものためになるのでしょうか?

この点については、賛否分かれると思います。

阿部の考えとしては、夫婦がお互いを信頼しあっていない状態、同じ家にいながら、ほとんど関与せず生活しているという異常な状態を日々、見せているということは、多大な影響を子供に及ぼしていると思います。

もちろん、マイナスの影響です。珍しくないことですが、一方の親が他方の親の悪口、馬鹿にする内容を子供に吹き込んだりすることもあります。

身近な親同士が助け合う様子、大事にしあう様子を見せてこその家庭なのですが、家庭内別居というのは、それができていないのです。

そういう現実を考慮せず、離れて暮らすよりは家庭内別居の方がマシ、というのはどうだろう?と思います。

また、厳しいことと思いますが、

”昔、家庭内別居だったけれど、今は仲良し”

ということも、可能性としては、基本的に”無し”と考えておいた方が良いでしょう。

そのようなこと、まずありません。ネットで、家庭内別居を上手く続ける方法、問ことを検索するのも、そろそろやめた方が良いのでは?全く本質解決になりませんので。

今、家庭内別居で息苦しく、苦しい思いをしているならば、解消に向けての今後の方針を確認しておくと良いでしょう。

そして、あとは、貴女が覚悟を決めるだけです。

自分が家を出る(妻が家を出る場合は、「妻の別居先」にまとめてあります。)、あるいは、夫が家を出たらどうなる?とうことについては、別居の仕方、状況別アドバイスへお進みください。

また、

協議を開始したいと考えている方は、話し合いの進め方へお進みください。


フォローいただいたら、相談時特典あり!

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 最新情報はメルマガでゲットしてください!!!無駄なしの最新情報 ↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ

初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
福利厚生クラブ
地図・アクセス

このページの先頭へ