美容の専門家間でも考え方は別れる

専門家もだまだ分からないことだらけ、と想定

コスメ起業の過程で深く勉強を進めると、美容研究家、皮膚科医、化粧品会社研究職、それぞれ言っていることに違いがあることが分かります。

さらには、皮膚科医、研究員も言っていることが統一されていないことに気づきます。
美肌の持ち主の美容研究家が、「化粧水をたっぷりつけて、美容成分を肌の奥に届ける道すじをつくり、それから、美容液をけちらずにつける、現在は非常に高機能なコスメが開発されて、、、」云々、書籍など何冊も出している一方で、

「肌に美容液を浸透させるということは、肌バリアを破壊していということ、肌を乾燥させるばかりでなく、肌に炎症を招き、シミをつくる、、、、」と真逆を指摘する皮膚科医

それにとどまらず、皮膚科医においても、少し強めの美容成分を肌内部に浸透させる化粧品を推奨する人もいますし、、、

これはいったい何なんだろう???という疑問が当然わいてきますが、

まだ美肌研究が行き着くところまでたどり着いていないのだなあ、というのが阿部の見方です。

それぞれの立場の方は、真向から違う美肌論をもっていても、美肌の人は美肌だし、皮膚科医でも肌が汚い人もいるかもしれません。

そこで、ハダギワでは、君子危うきに近寄らず、しかしながら、最先端サイエンスでしっかりと確かめ納得するものは、取り入れていく、というスタンスをとることにしました。

肌にいかに美容成分が浸透するか???データで示されても、

使用前、使用後、っていうけれど、簡単には信用しない。

だって、肌の調子のよいとき、悪いときでデータとったら”みかけ改善”みたいなデーターってとれそう、日々のコンディションってデータに反映されてる?

肌に浸透するのはわかったけれど、何日間とどまるの?酸化しない?排泄されない?

とか、、、どうして肌内部まで浸透できるの?肌バリアは大丈夫?そもそも角質層までだよね?

一部データを提示されただけでは、分からないことだらけ

ハダギワでは、10年20年継続して使っていただくことを念頭に、

最先端サイエンスにおいても見極め、取り入れていくスタンスでおります。

成分だけにとどまらず、

関わる原料会社、OEM会社、さらに担当者レベルに至るまで、厳選して製品化を実現しております。