年齢を重ねていく中で失われる髪の量やハリ艶。
40代になり、育毛に興味を持ち始めた人もいるはずです。
まだまだ家庭や仕事に忙しい年代なので、おうちで手軽に育毛や頭皮ケアできるといいですよね。

この記事では、40代女性が抱える髪トラブルと、「頭皮マッサージ」の効果。頭皮マッサージの生活への取り入れ方について解説します。

40代女性の薄毛や白髪などのトラブルの原因とは?

20代、30代の頃は黒々、フサフサしていた髪の毛も、40代になった頃から元気がなくなったという人も多いはず。
お肌の調子や体調も、少し前とは変わってくる年代ですが、薄毛や白髪などのトラブルも起こりやすい年頃です。

40代の髪トラブルは何が原因で起こるのでしょうか?

1. 加齢によるホルモンバランスの乱れ

薄毛や抜け毛、白髪など、トラブルの原因のひとつとしてよく知られるのが「加齢」の影響です。

研究結果によると、髪の成長を促進する女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌は、30代でピークを迎え、40代以降は急速に減少します。(※1)
これをきっかけに、薄毛や、髪のハリやコシが失われるといったトラブルが起こりやすくなるのです。

お肌の曲がり角があるように、30代から40代というのは、頭皮環境や髪質の曲がり角と言えるかもしれませんね。

2. ヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルとは、成長期、退行期、休止期など、髪の毛の成長過程のことを指します。
日本人女性のヘアサイクルは通常5〜6年とされていますが、40代頃から、成長期の成長期間が遅くなり、髪の毛がだんだんと痩せ細っていきます。(※1)

髪の毛一本一本が細く頼りなくなると頭が寂しく見え、薄毛と言われる原因になるのです。

3. 頭皮環境の悪化

30〜40代にかけて、以前よりも髪のベタつきが増えたという人も多いのではないでしょうか?

以前よりも頭皮にベタつきを感じるのは、加齢に伴い女性ホルモンが減少、男性ホルモンが活性化し皮脂量が増えることが原因です。(※2)

また、かさつきやフケなどの頭皮トラブルが多い人ほど、皮脂分泌量が増えると言われています。(※2)
頭皮は髪を健康に育てるためのベースなので、毛穴が詰まったり、炎症を起こしたりしていると、髪のハリやコシをなくす原因になるので注意したいですね。

4. ストレス

ストレスと白髪の関係については、一般的によく言われていることですが、最近の研究で科学的に証明され始めました。

研究によると、強いストレスを感じることで自律神経のひとつである「交感神経」が活性化、メラノサイト(髪の色を作る色素「メラニン」を形成する細胞)の幹細胞が枯渇するということがわかったのです。(※3)

日々元気に過ごしていても、ストレスは知らず知らずに溜まるもの。適度にストレスを解消しながら過ごしたいですね。

マッサージが育毛に効果的な理由

頭皮ケアにはいろいろな方法がありますが、そのなかでも気軽にできて続けやすいのが
「頭皮マッサージ」です。

育毛にいいとは聞きますが、そこにはどんな理由があるのでしょうか?

1. マッサージで血行が促進される

髪のハリ艶やコシ、ボリューム維持などに欠かせないのが栄養です。
育毛のためにサプリメントや栄養たっぷりの食事を摂っている人も多いですよね。

髪まで栄養や酸素を届けるためには、頭皮の血行を促進させることが重要。
頭皮マッサージをすることで頭皮の血行がよくなれば、髪の毛や地肌まで酸素や栄養をより供給しやすくなります。(※4)

2. 振動による発毛効果が期待できる

昔から、血行をよくするために頭皮を叩いたり、マッサージを取り入れたりする人は多かったですが、最近の研究で、
頭皮マッサージによる振動刺激が毛乳頭細胞(髪の毛を生やすという指令を出す細胞)に働きかけ、髪の毛を太くできることが証明されました。(※5)

ブラシを使って頭を叩いた経験がある人も少なくないでしょう。
面白半分で試していたかもしれませんが、あながち間違った考え方ではなかったようです

3. ストレスオフできる

頭皮マッサージには、科学的に証明されたストレスを軽減させる作用があります。(※6)
頭皮マッサージでリラックス効果が得られると自律神経も整うので、ストレスによる髪のトラブルを予防することにつながります。

今すぐ試したい!頭皮マッサージのやり方

頭皮マッサージは、こすったり、揉みほぐしたり、押したりといった動きを組み合わせることで、効果がよりアップします。
おうちで簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

1. 頭皮を揉みほぐす

頭皮全体を全部の指の腹でくるくる回しながらほぐし、その後に数秒間指圧します。
頭皮を7〜8箇所に分けて、全体的に行いましょう。

2. 頭皮を引き上げる

まずは中指と人差し指を使い、生え際に沿って、もみあげ付近から額の中心に向かって、皮膚を引き上げながら移動させます。
その後、こめかみの生え際に5本の指の腹を少し強く押し当て、圧迫しながら後頭部に向かって指を通します。
こめかみ部分、その少し上、そして頭頂部付近の順で、2回ずつ繰り返してください。

3. ツボを押す

頭頂部にある、育毛にいいとされるツボ「百会(目の中間と左右の耳を結ぶ交差点)」を刺激します。
百会を指で強めに指圧するのもいいですし、母指球という手のひらの親指下部分を使いぐるぐる押し回す方法も効果的です。

4. 頭皮を叩く

両手の指を使い、頭皮全体をリズミカルに叩きます。

頭皮マッサージを行う上での注意点

マッサージによって頭皮を傷つけてしまうと、頭皮トラブルを起こす原因になります。
マッサージするときは、爪を立てず、指の腹や手の平を使って優しくするようにしてください。
また、マッサージは3分程度するだけでも効果があります。(※4)
回数としては1日に1回、毎日続けるようにしましょう。

頭皮マッサージで育毛を始めよう

頭皮ケアやヘアケアのなかでも、おうちで簡単にできる頭皮マッサージ。
サロンに行ったり、特別なアイテムを使ったりせずにできるので、仕事や家庭のことで毎日忙しい人でも気軽に取り入れることができます。
効果は1日にしてならず。
40代を迎えて髪のトラブルが気になっていたという人は、ぜひ頭皮マッサージを取り入れましょう。

 


※1 女性頭髪の加齢変化 https://www.jstage.jst.go.jp/article/skinresearch1959/37/6/37_6_722/_pdf/-char/ja
※2 頭皮トラブルが毛髪物性に及ぼす影響と植物由来エキスによるその予防 https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/52/1/52_16/_pdf/-char/ja
※3 Hyperactivation of sympathetic nerves drives depletion of melanocyte stem cells https://www.nature.com/articles/s41586-020-1935-3
(海外文献紹介http://www.jsbmg.jp/Henshu_news/Ronbun_2020_2.pdf
※4 地肌マッサージの頭皮への作用
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/48/2/48_97/_pdf/-char/ja
※5 頭皮マッサージが毛乳頭細胞へ物理刺激を伝え、毛径を増大させる可能性について
https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/about/authority/Physical_stimulation/
※6 「ヘッドスパ」における頭皮マッサージ基本手技が心身に及ぼす影響 https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/52/3/52_187/_pdf/-char/ja