「鼻周りや頬のあたりがザラザラ……よーく見ると何かが毛羽立ってる!?」
「毎日メイク落としも洗顔もしているのになんか汚い感じ……」と、
肌のザラザラにお困りの人は多いでしょう。

これは毛穴の角栓が原因なのです。

押し出したり、抜いたりして解決しようとする人もいますが、肌や毛穴を傷つける可能性も。
この記事では、おうちで安全にできる角栓除去とケア方法を解説します。

これはNG!してはいけない角栓除去の方法

鼻や頬、おでこなどの肌に触れるとザラザラ。鏡でよく見たら、毛穴に角栓が!

皆さんは角栓を見つけたら、どのように処置、除去しますか?
現在では、エステや皮膚科などに行かず、おうちで角栓を除去できるアイテムがたくさん出ているので、
エステやプロの手を借りる暇がない人はおうちでケアもいいですね。

しかし、おうちで角栓除去するうえでしてはいけないことが2つあります。

  • 手で無理やり押し出す
  • 角栓除去パックをやりすぎる

毛穴に角栓を見つけたら、迷わず手で押し出すという人は意外に多いのではないでしょうか?
素手やピンセットがあればできるので、押し出すのはさっと角栓を除去したいというときに便利な方法です。

しかし、手や指を使って力任せに角栓を押し出すのは、肌への大きな負担になることが想像できます。

現に大手化粧品会社や皮膚科医の話では、
無理やり角栓を取ることは毛穴を広げること、肌を傷つけることにつながるとしています。(※1,2)

また、主に鼻の毛穴の角栓除去専用の毛穴パックを使う方法もありますが、
これもやり方や頻度次第では押し出すのと同じ結果になりかねません。(※3)

皮脂?汚れ?角栓って何でできているの?

ところで、角栓は一体何でできているかご存知ですか?

角栓は、
皮膚のターンオーバーの異常によって、角層が形成しにくかったり、
剥離が遅れてしまったりして厚くなった角質(※4)と、
過剰分泌された皮脂が毛穴の中で混ざり合ったものとされています。(※5)

タンパク質が主成分とされ(※6)、放っておくとニキビや黒ずみの原因になるので、
見つけたらできるだけ早く対処できるとその後のトラブル防止につながります。

ケアを徹底したい角栓ができやすい部位とは?

角栓ができやすい部位としてよく言われるのが、
ほかの部位よりも皮脂量が多い鼻周りや顎、頬などです。(※7,8)
美容皮膚科での角栓除去メニューも鼻や顎、頬などがメインで行われています。(※9)

簡単で安全。おうちでできる角栓除去の方法

では、実際におうちで角栓除去するおすすめの方法を3つご紹介します。

  1. 蒸しタオル
  2. クレンジングと洗顔
  3. 角栓除去パック

角栓除去を行うからといっても、お金がかかること、特別なアイテムを使うことはしません。
普段使いのスキンケアアイテムやちょっとしたスペシャルケアをプラスするだけでOKです。

蒸しタオル

肌の血色を蘇らせたり、心身のリラックス効果を与えたりする蒸しタオル。
実はクレンジングの前にすることで、肌の表面や毛穴をやわらかくし、メイクだけではなく角栓を取れやすくする効果もあるのです。(※10)

水で濡らしたタオルを耐熱性がある袋に入れて、電子レンジで30秒〜1分ほど加熱するだけ。(※11)その後のクレンジングやスキンケアは、肌が温まっているうちに行うと効果がアップします。

クレンジングと洗顔

1日の汚れやメイクをOFFするためのクレンジングと洗顔。

毛穴に角栓ができてしまう原因には皮脂も含まれているため、丁寧にクレンジングと洗顔をすることが角栓の予防につながります。

クレンジングは油分が多いものを選ぶと、角栓の元になる皮脂が落としやすいです。(※12)
おすすめはクリームクレンジングオイルクレンジング
どちらも油成分の働きで汚れを落としてくれるので(※13)、角栓が取れやすい特徴があります。

洗顔料は洗いすぎを防ぐために、洗浄力がマイルドなものがおすすめです。(※14)
「マイルドな洗顔料だと角栓を始め汚れも取れにくいのでは?」と思うかもしれませんが、きめ細やかな泡で洗顔することでも洗浄力がアップさせることができます。(※15)

いつもの洗顔に満足していなかったという人は、高密度な泡で洗顔してみましょう。
きっと満足度が変わりますよ。

角栓除去パック

「なんだか最近、鼻の毛穴が気になる」「鼻や顎がザラザラで気持ち悪い」
というときに、毛穴パックや角栓除去のパックを使ってケアするという人も多いでしょう。
角栓除去パックには、シートタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、スクラブタイプなどがあります。(※16)

シートタイプは、粘着力が強いシートで、鼻に貼って角栓を除去するアイテム。
押し出すよりも安全で、効果も十分に見込めますが、剥がし方には十分注意が必要です。

行う頻度が多かったり剥がすときに力一杯肌を引っ張ってしまったりすると、
肌を傷つけたり、毛穴を引っ張ったりしてしまいトラブルの原因になります。

普段から取り入れたい。角栓を作らないためのケア方法

角栓は予防も可能です。
毎回、角栓のケアをするのは大変という人は、普段のスキンケアの仕方を見直してみましょう。

メイクをしっかりと落とす

角栓は、毛穴に詰まった皮脂や皮膚が原因ですが、
一説にはメイクの落とし忘れも影響していると言われています。
クレンジングについて解説しましたが、メイク汚れも残さず落とすようにしましょう。
蒸しタオルも、角栓だけではなく、メイク汚れを浮かしてくれる効果があります。

水分補給と保湿をしっかりとする

クレンジングや洗顔でメイクを落としたら、次に保湿をします。
しっかりと保湿することで、角栓の原因のひとつである肌のターンオーバーの異常をコントロールすることができるのです。(※17)

また、保湿はスキンケアの基本中の基本!

クレンジングや洗顔、角栓除去パックなどを施した後は、
ぜひたっぷりの保湿で肌を労ってあげてください。

やりすぎない

何事もやりすぎは禁物

力技で角栓を押し出すのは、毛穴を広げたり、肌を傷つけたりする原因に。

特に鼻の毛穴の角栓を取り除くのに使う角栓除去パックは、
アイテム毎に定められた頻度や使い方を確認して使わないと逆効果になる場合があります。

毎日のケアを見直して角栓がない肌を目指そう!

鼻や頬、顎などに、知らず知らずのうちにできている角栓。
無理やり押し出し、除去するという人もいますが、実は肌にとってよくない方法です。

定期的に鼻の毛穴の角栓除去パックを試したり、
エステや美容皮膚科に通ったりするのも手段のひとつですが、
まずは普段のスキンケア方法を見直すのが簡単で効果的!

角栓は感触だけでなく、見た目にも影響します。
日々のケア方法を見直して、角栓がない肌を目指しましょう。

※1 毛穴の栓無理やり出してない!? 「いちご鼻」NG行動からおすすめアイテム&使い方まで|資生堂 https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/DB006483/
※2,3 Q鼻の毛穴の黒ずみが気になります。どうしたらいいの?|花王 https://www.kao.com/jp/qa/detail/16472/
※4,5,6 ザクロ発酵液の毛穴の目立ち改善効果https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/51/1/51_27/_pdf/-char/ja
※7 皮脂腺|花王 https://www.kao.com/jp/skincare/skin/structure-06/
※8 毛穴の黒ずみ(角栓)の原因・症状、予防法の解説|ロート製薬 https://jp.rohto.com/learn-more/bodyguide/kurozumi/pores/
※9 角栓除去|美容皮膚科 タカミクリニック https://takamiclinic.or.jp/service/blackhead/
※10 蒸しタオルパック|日本化粧品技術者協会 https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/1722
※ 11 透明感のある肌が欲しい!冬のくすみ顔を明るい印象に導くスキンケア&メイクテクとは?|資生堂 https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/PDB007981/
※12 毛穴の黒ずみの原因は?売りやり取るのはNG!|コーセー https://maison.kose.co.jp/article/g/gskincare-20191101/
※13 洗顔料|日本化粧品技術者協会 https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/930
※14 角栓|日本化粧品技術者協会 https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/300
※15 「泡立て洗顔」が大切な「本当の」理由〜「泡が皮脂を吸い取る」?その意味は〜|インベーションのDNA|花王 https://www.kao.com/jp/kaonokao/dna/1_3/
※16 毛穴|日本化粧品技術者協会 https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/482
※17 ターンオーバー|日本化粧品技術者協会 https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/293