モラハラ臨月に離婚調停を申し立てられました

ゆいさん [通報]
Pocket

私が妊娠に気付いたのは結婚する前でした。 職業柄、世間体を気にする人なので、妊娠に否定的だった夫と夫の両親。 周りの人の励ましもあり、夫が責任を取ると言うことで結婚。 夫との二人暮らしが始まりました。 しかし、私たちの住まいへ毎日朝9時に訪れる夫の両親。(夫の両親の住むアパートはすぐ近所) 暮らし始めてから1ケ月も経たない頃、夫の両親が夜の9時30分頃私たちの住まいへ突然訪れ、私に対してのお説教が始まりました。 ・家風に合わない ・自分たち(義両親)の期待に全然応えていない (期待が何かは不明) ・ここは自分(義父)の家(実際の責任者は夫)だから一番自分が偉い ・自分たちを必要としていないのか ・何故避妊しなかったのか(義母より) 他にも諸々言われましたが記憶に強く残っているのは挙げた内容です。 1時間ほど一方的に言われ続け、その間、夫は目線を下げて黙っていました。 私が謝る形でおさまり、義両親は帰りました。 このとき、妊娠4ヶ月で安定期も入っていなかったこともあり、私はお腹の子と自分の精神を守ることに必死でした。 妊娠していなければ言い返すこともできたと思うので、今思い返すと悔しさが残っています。 黙っていた夫にも強い不信感を持ち、さらにいずれは義両親と同居することを聞かされ驚きとショックを受けました。(結婚する前は義両親は県外へ引っ越すと聞いていたので) そのことがあってから、私は出来るだけ義両親の前では笑顔でいること、嫌でも一緒にお茶や食事をすること、小さな事でも頼りにするように努めました。 本当は毎日義両親が来ることも嫌だったのに、夫からは「母親に話し掛けて構ってあげて欲しい」と度々言われるようになりました。 夫は母親が大好きで、母親も夫が大好きでした。 しかし、鬱気味の義母とは話をしても続かず、私の母親が遊びに来ると逃げていくような人。 しかも、怒ると豹変することもあり、私は距離を置きたかったのですが、その態度が良くないと再び説教をされました。 夫からは「同居できないなら離婚する」と結婚して2ヶ月で言われる始末。 私は夫と子どもの3人で暮らしたかったのですが、私の要望は却下され、同居か離婚かで悩むことが多くなりました。 妊娠9ヶ月のある日の寝る前、夫から「母親に料理教えてください、とか、お手伝いしますって言うの嫌い?」と聞かれ、正直に「うん」と答えました。 これから出産して育児で忙しい中で、そのような要求をされても実行出来ないと思いました。 夫は「そうか」と言って就寝。 私は今後そのような要求をしてこないだろうと思い安心して寝ました。 次の日から夫の態度が一変しました。 いつもはベタベタしてくるのに、あからさまに冷たい態度。冷めた目線。素っ気のない返事。 お腹の子にも話掛けない。 ろくに話もせずすぐに就寝。 翌日も同じ態度。 母親には優しく嬉しそうに話す。 怒っている理由を聞いても無視。 この態度がいつまで続くのかわからず、精神的にとても辛くなってしまったので、実家に帰ることを決意。 夫に実家に帰ることを言ったところ、夫も「少し距離を置いた方が良い」と了承しました。 母親に連絡をして迎えに来て貰いました。 実家には2泊3日しました。 夫との住まいに戻る前、夫にLINEしたところ既読がつきませんでした。 電話を何度掛けても出ません。 心配になり、父親に頼んで住まいまで送って貰いました。 玄関を開けると夫が立っていました。 私を冷たい目で見て「何で帰ってきたの?」 義父も現れ「何しにきた?」 義母も出てきて「おかしいんじゃないの?!」 あまりにも衝撃的な状況に「おかしいと思われるのであれば出て行きます」と言って再び実家へ。 「荷物全部持って行ってね!」 「<夫の苗字>も置いていけ!」 と言われました。 次の日、夫からLINEで私が実家に帰ったことで義両親が怒っている、離婚の話が出ているとの内容が来ました。 離婚の場合どうするのか、と返しましたが返事が来ませんでした。 夜、夫から電話が掛かってきました。 夫は泣きながら義両親に謝って欲しいと言ってきました。 私のこれまでの態度や同居に否定的なこと、実家に帰ったことが理由でした。 夫は自分も一緒に謝る、子どものために頑張ろうと言いました。 翌日、私は念のため、両親に一緒についてきて貰いました。夫の両親が豹変した姿が怖かったからです。 夫との住まいへ到着し、玄関を開けると夫が出て来て一瞥し、すぐに部屋に入りました。 中へ入ると、夫と義母は並んでイスに座っていました。 義父はソファに座っていました。 私の父が挨拶するまで目もあわせませんでした。 私が義父のそばへ行き、「この度は私の言動と行動で…」と謝り始めたら、「土下座じゃないのかよ!!!」と夫が立ち上がって怒鳴りました。 私は驚いて言葉を失っていたところで、私の母親が「帰ります!こんな家に置けません!」と言い、出ていくことを決意しました。 私たちが車へ向かう途中、私の母親と義母が言い争っていました。 義母「謝ってください!!」 母「何で謝るんですか!?」 義母「具合が悪いからって実家に帰るなんて!!」 母「実家に帰って悪いんですか!?」 義母「嫁いだら実の親は他人です!!」 車に乗り込む私たちに義父が「弁護士呼ぶからな!!」と吐き捨てました。 夫は玄関で座り込んでいました。 本格的に実家に帰ってからは心療内科を受診したり、無料法律相談などに行ったり、離婚について調べる日々を過ごしていました。 色々調べるうちに、夫がモラハラ夫だったことに気付きました。 別居開始から、夫も私もお互いに連絡を取ることをしませんでした。 そして、別居から約1ケ月、臨月に入り正期産になる前日に夫側から申し立てた離婚調停の呼び出し状が家庭裁判所から届きました。 1回目の調停は、出産予定日から約3週間の日にちに設定されていました。 私は強いショックを受けました。 出産や子どもについて何の配慮も無い姿勢に憤りを感じましたし、夫と義両親の常識とモラルの欠如した人間性に恐怖を感じました。 急いで弁護士さんに相談をし、代理人をお願いしました。 呼び出し状が届いた9日後に、私は女の子を出産しました。 <続きます>


返信

  1. マムさん 2018年5月26日 11:37 PM [通報]

    ゆいさん

    はじめまして
    もう、読んでいて呆れました。

    臨月とわかっていて離婚調停。
    はじめて出産、子育て不安でいっぱいですよね

    でも、出産前に実家に帰れてよかったですね

    読んでる限り、調停が長引く気がします
    でも、どんなに長引いても一緒に暮らすよりはいいと思います。

    夫とのLINEも証拠で残しておいて下さいね。
    もう、些細なことでも残しておくといいと思います。

    今は大変だと思いますが、お嬢さんの前では笑顔で居て下さいね。

  2. ゆいさん 2018年5月27日 4:52 AM [通報]

    マムさん

    初めまして。コメントありがとうございます。

    私も両親も、娘が生まれる前に別居して良かったと思っています。
    あのまま暮らしていたら、私も娘も危険な目に合っていたかもしれません。

    初めての出産と育児で不安や悩みを抱えている中で、追い討ちをかけるように調停のことまで考えなければならなくなり、いっぱいいっぱいの状態です。

    その中でも、娘が日々成長する姿に喜びを感じ、娘といるだけで幸せです。

    調停ではお金のことが中心に話合われると思いますが、娘のためにも頑張りたいと思います。

  3. 管理人@管理者さん 2018年5月27日 12:39 PM [通報]

    ゆいさん

    こんにちは。管理人も読んでいて、あきれました。

    価値観の相違って、ものすごい問題ですよね。彼等は彼等で、自分達が正しいと思いこんでいるのでしょうから。

    信じられないですが、そういう人って世の中にいますよね。

    もう、離れるしかないと思います。

    話し合って分かち合う、、、そんなこと無理と思います。

    ゆいさんは本当につらい経験されましたが、まだまだ未来は沢山あります。

    楽しいこともきっと沢山待っていると思います。

    その前に、調停ですが、
    どうぞ頑張ってくださいね。

  4. ゆいさん 2018年5月27日 3:12 PM [通報]

    管理人さん
    初めまして。
    偶然こちらの掲示板を見つけ、自分の置かれている状況が他人から見てどうなのかを知りたくて投稿させて頂きまさた。

    コメントに励まされています。

    仰る通り、価値観の違いが原因だと思います。
    夫側は自分たちは間違っていない、嫁の立場なのに自分たちに合わせない私が悪いと思っていると思います。
    夫には、結婚とは親の戸籍から抜けて新しい戸籍になって新しい家庭を築くんだよ?と言ったことがありましたが、納得しませんでした。

    やっぱり分かり合うことは無理ですよね。

    明るい未来が待っていることを祈りながら、調停に臨みたいと思います。

  5. 管理人@管理者さん 2018年5月27日 11:15 PM [通報]

    そうですね、

    >夫には、結婚とは親の戸籍から抜けて新しい戸籍になって新しい家庭を築くんだよ?と言ったことがありましたが、納得しませんでした。

    当たり前のようなことですら、
    一致できないこと、驚かされますね。

    でも、これが離婚の実態だと思います。

    あとは、次の生活のスタートが順調に行くように、
    調停が上手く済むといいですね。

    強烈だからこそ、早く判断できた、というように前向きに考えられるといいですね。

コメントを投稿するにはログインが必要です。