これは答えるべきか?!行政書士からの実務質問

行政書士3年目になり、実務実績もでき上がってきた証拠なのか、、、、

先日、顔見知りの行政書士から実務の質問がメールで来ました。
メール文章量はまあまあのボリュームです。

メールを見た瞬間、非常ーーーに、読む気を失せました、正直。

親しい士業間では、結構お互いの専門分野について、電話、メールで質問をし合っていますが、
この方の場合、特に親しくもなく、
私が実務を教えるとも言っておらず、、、。

それに、私の印象としては、知り合いからの質問に対し、無料で相談に乗っていらっしゃるのだと思います。
行政書士の会合でお会いしましたが、どっぷりと行政書士業務をやっているようには見えない方です。
おそらく無料ボランティアの段階だと思っています。

メールには「先生の見解について伺わせてください」とあります。

なぜ、その方の受けた質問に、私が時間を割いて私の見解を述べないといけないのか?

おそらく、私が答えたら、そのままそれを質問者に回答されるのでしょう。

私は意地悪でもケチでもありません。

ただ、ひじょーに、そのメールを見たとたんゲンナリ、な気分。

こういう質問の仕方ってあり???

まじめに、本気で行政書士をやっているという印象はどーも受けないのです。

結局、苦渋の決断で「無料相談はやっておりません。」と回答しました。
非常にいやな気分です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ