家計は全てアンダーコントロール

家計の節約をするには、

”家計をアンダーコントロール”の状態にするということ。

全て管理下。意識の行き届いた状態にするということ。

節約も強弱をつけて、メリハリつけて実現する。
img_2381使わないカードを処分中。ライフスタイルの変化に合わせ、クレジットカードのつくりかえを考えています。

1 ぽんぽこりん財布をスマート財布へ

仕訳しやすい財布に買い替えましょう~

ではなく、

今手持ちの財布でいいから、中身を整理しよう。

全然使わないクレジットカードは処分。

ポイントカードも、あれもこれもでなくて、頻繁に使うものだけ残し、後は処分。

特に、薬局も1つに絞りましょう。スーパーも1つか2つに。

クリーニング店、美容院も1つでいいんじゃないかな?お歳暮、お中元のお店も毎年決まったところでいいんじゃないかなあ?

ちなみに、管理人はGODIVAを愛用している。そうすると、結構ポイントが貯まった。

あとは、頻度の少ないものは、小袋に入れて、財布以外に保管。

札入れにレシートや領収書が入っているのは論外。一時的保管として入れるのはいいけれど、
帰宅したら、自宅の保管場所へ移動。

常に行き届いた財布を持ち歩こう。

風水だ、ラッキーカラー財布だを追い求める前に、こういったことが最初の一歩。

2 家計のボリュームを把握

家計簿はつけれたら、つけた方がいい。

でも、忙しかったり、性格に合わないという場合もある。

例えば、今現在(今後は分からない)の管理人にとって家計簿は性に合わない。

でも、家計はアンダーコントロールを目指す。

つまり、

大事な指標は毎月把握しておくようにしている。

水道光熱費費と食費。

水道光熱費は、使用料の紙がポストに入ると、それを手帳に書き込む。

食費は、ウォルマートカードと楽天カードで把握。

毎月の変動的な出費の代表例の、水道光熱費と食費をウォッチして、節約の指標にする。

家計簿つけられたらいいけれど、そんな時間がない。続かない。

そういう私と同じような貴女は、食費用カード、ものを買う用カードという大ざっぱな分類で、支出のボリュームを意識していれば良いと思う。

3  お弁当持参に切り替えた

ほんと、つい先日までは、「疲れたから外食しよっかな?」と思っていた。

そして、習慣として、ランチは外食だった、、、、。外食、又は、購入。予算約700円。 

1000円以下であればOKと思っていたけれど、これってよく考えると、結構高額。

主婦でもある私は、どうしてもコンビニ弁が食べられない。コンビニパンだと、満足できない。コンビニおにぎりもダメ。手作りの味に慣れちゃって、、、。

そこで、パン屋さんのサンドイッチパンなどを毎日購入。 

パン1つ買うくらい、全然贅沢ではないのだけれど、、、、ここは引き締められる箇所。

ちなみに管理人は、パンを2つがランチで、おやつ用にパン1つ。合計3つ購入していた。

そうすると、あっという間に1000円近くに達する。毎日。

意識を変えた管理人は、ここをターゲットに改善を図った。

現在、お弁当持参生活を始めて3か月目。

先月は、ランチの外食は2回だけ(出張などの仕方ない場合は除外)。

今月も、今は12月15日で購入ランチはまだ1度のみ。

この調子この調子、、、、。

4  外食は月1回以下に

人付き合い、行事は除外。

”本来必要でないのに外食する”というのは、月1以下にしよう。

今までは、気分に赴くままに、「今日はなんか、作る気がしないから食べにいこっか」だったが、もうそれはやめる。

お寿司、とんかつは、やっぱり外食だな~。

でも、それ以外って私的には自宅での味が好き。肉じゃがを外食で食べても、私はあまり嬉しくないな~。

外食を控えてその代わりに、食器にこだわったり、良い食材をそろえた方が幸せ。

節約節約では、心が貧しくなるので、「お家の方がおいしいね」という状態にもっていけば、良いと思う。

節約したいから、外食を控えるのではなく、

あるメニューの除いては、家の方が美味しいから、家で食べる。

076

5  メリハリをつける

なんでもかんでも、細かいところから一気に見直し、、、、。

多分それでは続かないし、疲れて、楽しくない。

まずは、おおざっぱなところから”家計アンダーコントロール”を始める。

リバウンドなんてもってのほか。

まずは、”家計アンダーコントロール”を目指す。

不要なカードが財布の中にある、

とか、

財布の中に何のカードがあるのか分からない、

という状態から脱却。

財布の中は意識を行き届かせ、

あとは、食費、水道光熱費、外食の把握からスタート。

徐々に、意識を広げ、教育費、保険へとつなげていく。

お金がないから教育費を削減する???

いやいやそうじゃない。

無駄、無意味なことを子供にやらせていないか?

お金を出せば満足、教育している気になっていないか???

そういった視点で、家計を見直そう。