電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

40代の離婚の特徴・分析

当女性をしっかり支える離婚相談には、40代女性からのご相談が非常に多く寄せられます。
40代ならではの傾向をまとめました。

今まで結婚生活が続いてきたのは、夫婦で乗り越えてきた、というよりは、”私が我慢し、妥協してきたから”、ではないでしょうか?

>今すぐ電話でご相談
>カウンセリングのご案内

40代、共通する悩み

  • 子供が小学生から高校生くらい。
  • 夫の浮気、あるいは、夫婦の性格の不一致を原因に離婚問題に直面している。
  • 今まで夫婦間で多くの問題を抱えてきた。我慢を続けてきた。
  • 思いとどまる理由は、経済不安と子供のこと。
  • 住宅ローンがまだ残っている。
  • 夫と別れた後の経済的な不安を抱えている。

やはり、多いのは夫の浮気

40代女性

夫は浮気相手の女性のもとに行き、既に別居状態です。

近頃、夫から電話等で激しく離婚要求を受けています。私としては夫への愛情はもはやありません。

しかし、夫の身勝手な行動に腹が立ち、同時に、パート収入しかありませんので、経済的な不安があります。(清瀬市 40代女性)

適性チェック

申し込み・問い合わせ→0120-26-4122

東京離婚相談

役立つ情報!会員制度、メルマガ特典!
リーズナブルに相談するには?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 

離婚カウンセラーコメント

30代に続き、40代女性からの、このような夫婦間の相談を非常に多くいただいております。

結婚後すでに10年以上経っていて、夫が単身赴任になり、それがきっかけで妻の知らぬ間に浮気を重ねていた。
相手方女性は、夫の大学時代の彼女仕事場で知り合った女性等。そして、現在、離婚を経験して独身であるか、夫と不仲状態である、という方が多いようです。

浮気相手の女性像
http://abetakako.jp/rikonsoudann/uwaki/

浮気状況別分析
http://abetakako.jp/rikonsoudann/uwaki/

妻は、相手方女性を全く知らないというケースが依然として多いですが、ちらほら、年賀状で存在を知っていた、夫の職場で挨拶したことがある、夫から話を聞いたことがある、というケースもあります。

40代妻の感情面では、30代ほど夫への愛着、愛情をもっていないことが多く、妻は「子供が一番大事」とはっきりしています。

夫と離婚してもいいけれど、経済的な不安があり、判断に迷っている。また、夫の身勝手さに腹が立ち、怒りを覚える。

夫と別れるか、非常に重大な問題であるために、なかなかどうするべきか分からない方、
考え方のポイント、可能な選択肢、情報提供等をいたします。

カウンセリングにより、自分の幸せ、平穏な生活を取り戻すために、冷静な判断ができるよう、サポートいたします。

我慢に我慢を重ね、そろそろ限界を感じる結婚生活

結婚後ずっと夫婦不仲でやってきました。

旦那が何を考えているのか分かりません。離婚はしたくないようですが、私への愛情はないと思います。多分、いたら便利な家政婦さん、と思っているんだと思います。

もう我慢の限外です。(青梅市 専業主婦 40代女性)
離婚協議書ノート

離婚カウンセラーコメント

結婚後、特に大きなトラブルはなかったけれども、ずっと夫婦仲が良いとは言えない状態が続いているケース。

今は40代になっていますので、これまで、一時的な別居等、いろいろな問題を経験してきました。

夫婦で乗り越えてきた、というよりは、私が我慢し、妥協してきた、というのが正しいと思います。

40代になり、妻の気持ち的に限界にきています。

しかし、まだ子育て中ですし、多くの妻の仕事はパート、又は専業主婦であり、収入は満足とは言えません。

自分の生活を立て直すなら、就職できる年齢を考えても”今が最後のチャンス!”と思うけれど、どうしたらいいのか分からない。このまま我慢するしかないのか?

離婚協議書ノート

子なし、だから結びつけるものがない?

40代共働き夫婦(子なし)の相談では、子どもがいないので、愛情がないならこのまま一緒にいても意味がないんじゃないかと思う、、、という意見を聞くことがあります。

夫婦それぞれ、お互いを信頼し、あまり詮索しないように”大人の関係”で一緒に生活をしてきた。私も仕事関係の男性と飲みに行くことがあるし、夫も同じと思う。

しかし、信頼していたにも関わらず、夫は浮気をするよになり、私に離婚要求をしてくるようになった。

仲が悪かったわけではないので、あまりに突然のことでショック。最初はなかなか受け入れられなかったが、夫からの離婚請求を受け続けることにつかれ、子どももいないんだし、心が離れたなら一緒にいる意味がないと、思うようになった。

離婚カウンセラーコメント

子供がいればこうなってはいなかった、と思われている方は少なくないのように思います。

しかしながら、子の有無で比較すると、離婚相談では、40代の子持ち女性の方が割合は多いです。

子供がいないと、二人の結びつきが必要不可欠なものに感じられれないと思われていると思いますが、しかしながら、子供がいたからといって、夫婦の結びつきが強まる、とも言えません。

妻と子が固まって、夫が独りで孤立している家庭は多く存在します。子供を夫婦不仲の原因にしてしまうこともあります。

役立つ情報!会員制度、メルマガ特典!
リーズナブルに相談するには?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 

【前へ戻る】世代別

> 離婚理由

阿部貴子へのご相談 お申し込みフォーム

今すぐ、今後の方針を相談してみましょう。専門家の経験を使い、無駄な苦労は最小限に。。。

電話番号

郵便番号(必須)

住所

種別 ※無料サポートはやっておりません。
面談電話相談離婚公正証書示談書内容証明

第一希望 ご希望日時

第二希望 ご希望日時

※ご予約はまだ成立しておりません。折り返しご連絡いたします。
※調停、裁判中の方は、サポート対象外となります。

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 月1回ペースのメルマガ配信です。だんだんと離婚について勉強していきましょう~↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ
離婚カウンセリング 阿部貴子によるカウンセリング風景
離婚協議書
料金一覧
メール問い合わせ
初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
地図・アクセス

このページの先頭へ