電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

新婚時の対応が重要


>夫との認識の差

結婚式の直後までは、夫婦、双方の親族の関係がうまく保てるケースは多いといえます。
しかし、その後、徐々に”無理”が生じてきます

”無理”といのは、自分の両親と嫁を仲良くさせたい夫、自分の家族が増えたと喜ぶ夫の両親が、
嫁といきなり密にかかわりすぎることで生じる、

嫁姑関係悪化の原因のこと。

親族で結婚を喜び、嫁をみんなでかわいがりたいという気持ちは非常によいことですが、 世間で「嫁姑の不仲」という問題を多くの夫婦が抱えている以上、関係悪化の前に、もっと警戒してはいかがでしょうか?

ゆっくりと距離を近づけていくこと

いきなり、親族で旅行を計画する場合もありますが、最初の一年はやめておいた方がいいですね~

新婚の最初のころは、常識ある嫁は夫の両親、親族に対し不満を夫に伝えることはないでしょう。

でも、内面のことはわかりません。

そして、夫の両親の方も、自分たちが期待した反応が嫁から得られない場合、徐々に嫁に対して不満がたまってきます。

早く親しい関係になってほしいと、両者を頻繁に引き合わせると、簡単に、”嫁姑関係の不仲”状態に陥るでしょう。

最初は、少し足りないくらいにおさえておくことが大事。

徐々に、年単位で”親しさ””慣れ”の状態を築き、それと同時にお互いの性格を知るようにするといいでしょう。

しかし、嫁から姑に結婚後半年間連絡を全くしなかった、という例がありますが、これは嫁の対応として不足を感じます。

「私のことが嫌いなのかしら?」と悪い想像を姑は増長させてしまいます。

「私は人付き合いが苦手なので、徐々にと思っていたんです。」という嫁の言い訳があるかもしれませんが、半年も連絡しないのは、問題がありますね。

その後、厄介なトラブル、嫁姑問題にスイッチを入れてしまう可能性が大きいです。

【前へ戻る】どうして不仲なの?原因は?

【次ページ】夫との認識の差


フォローいただいたら、相談時特典あり!

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 最新情報はメルマガでゲットしてください!!!無駄なしの最新情報 ↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ
初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
福利厚生クラブ
地図・アクセス

このページの先頭へ