電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

離婚できるか


嫁姑問題が大きな原因で、離婚に至ったケースはあります。

離婚ができるか?ということについては、

夫婦で離婚届けにサインできれば、いつでも離婚できます。

では、夫がサインしてくれない場合は、調停を申し立て、そこでも夫が離婚を拒否すれば、裁判を申し立てることになります。

途中であきらめて、いったん、長期間の別居を開始するということも可能です。

裁判で離婚できるか?

協議でも調停でも離婚の合意ができず、さらに求めていく場合は裁判を申し立てることになります。

裁判では離婚原因があれば別れることができます。

法定事由
・不貞
・悪意の遺棄
・3年以上の生死不明
・回復の見込みのない強度の精神病
・その他、婚姻を継続しがたい重大な事由がある

この法定事由があると認められれば、裁判で婚姻解消が認められるのです。

では、嫁姑問題による場合は、どうなのでしょうか?
法定離婚事由のうち、「その他、婚姻を継続しがたい重大な事由がある」ここに該当するかどうかどうか、ということですが、
姑のいじめがひどい、夫がいかに仲裁機能を果たさなかったか、それによって夫婦関係の破綻はどうか等によって判断されるようです。

進め方

嫁姑問題に耐えきれず、別居をスタートした方も多くいらっしゃいます。

実家にもどり、やっと鬼から解放されたような安堵感。安心して暮らすのは何年ぶりだろう?

夫から離れることで、こんなに安らぎを感じるものなのか?夫との離婚意志はゆるぎないものとなっていきます。

この時点で夫に離婚を打診する方法としては、内容証明があります。

夫との関係、今後のことを踏まえ、慎重に発信する必要があります。気軽にご相談ください。

【前へ戻る】認識の差

【次ページ】マザコン夫

 


フォローいただいたら、相談時特典あり!

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 最新情報はメルマガでゲットしてください!!!無駄なしの最新情報 ↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ
初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
福利厚生クラブ
地図・アクセス

このページの先頭へ