電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

家計管理を妻に任せない夫


夫はお給料を妻に開示していますか?

これは、夫の考え次第であり、お給料を開示しない、家計を妻に任せないから悪い夫、と言うわけではありません。

いくら稼ぐのか?というのは自分の程度を知られるような、できれば隠したい、という気持ちは容易に想像できます。

しかし、”夫が家計を妻に任せない”ということも、場合によっては妻の夫に対する大きな不審感になることもあります。

私は信用されていないのかしら?

離婚相談で妻が打ち明ける悩みに、

「普通、お給料の額とか妻に知らせますよね?生活費はもらっていますが、収入がいくらなのか全く知らされず、夫から信用されていないんだな~と思います。」

と打ち明けられる方がいます。

妻の両親において、父親が母親にお給料管理一切をまかせており、それが普通と思っていらっしゃるようです。

そのような不信感に加え、

夫が”夫婦の財布は別”的な考え、さらに、必要なお金をケチる場合、妻の不満は増大します。

「夫婦なのに、冷たくない?」「私が病気になった時、夫は養ってくれるの?」

夫が単身赴任で、お金に余裕があるにも関わらず、節約のためにめったに帰ってこない、

ということもあります。 

妻も、自然に”夫と割り勘で”と考える方もいれば、夫が稼ぎ、妻は夫に養ってもらい、家事、育児を全般的に引き受ける、という考え方の方もおり、

このような家計管理のことだけで離婚する方はさすがに少ないのですが、これに象徴されるような夫婦の考えの違いが、いつしか積み重なって、離婚という事態に陥ってしまうことは少なくありません。

つまり、

家計管理を妻にさせない、

ということが、

自分だけお金を使い込んで家族に対してどケチ、思いやりがない、経済的DV、モラハラなどと重なることも多く、

そういう状態になると、やがては妻の我慢が限界に達するのです。

離婚協議書ノート

結婚前と言っていることが違う

結婚前に、「家計管理は任せる」と夫が言っていたにも関わらず、結婚後は手のひらを返したように、言っていることを変える夫もいます。

つまり、結婚後、妻に一切給料を知らせません。妻にお金を定期的に渡し、その範囲内でやりくりするように求めます。

「結婚前と言っていることが違う」ということで、大きな裏切りをされたと感じ夫への不信感を募らせます。

夫にお給料の開示を求めたら?夫の反応

不満を募らせた妻は、夫にどうして自分にお給料の管理を任せないのか、問います。

このことで何度か夫婦喧嘩をされる方もきっと多いことでしょう。
夫の反応は、

「俺と金目的で結婚したのかよ!」

というもの。これでは、ますます夫婦の溝は深まります。

単に家計管理を妻に任せないだけなら深刻な問題にはならないと思いますが、

他の問題も合わさってきたときに、離婚問題に進展します。

<<どケチな夫

>>性格の不一致に陥る結婚のタイプ


フォローいただいたら、相談時特典あり!

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 最新情報はメルマガでゲットしてください!!!無駄なしの最新情報 ↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ
初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
福利厚生クラブ
地図・アクセス

このページの先頭へ