電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

性格不一致

★カテゴリ内★
夫が怖い | モラハラ夫 | 夫へのストレス

★離婚したい、貴女の今の状況はどれ?★

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
離婚すべきか迷っている 離婚したいと時々考える 私の中だけで別れを決意している 夫婦で離婚の合意ができている

性格の不一致は、離婚の覚悟まで何年もかかることが多い

「性格の不一致に耐えられず、離婚したい。」

そんな貴女に、世間や、もしかしたら貴女の親も、我慢が足りない!というかもしれません。

でも、離婚相談を日々受けている阿部貴子は、性格の不一致がいかにつらく、深刻な問題であるか、よく分かっております。

結婚生活は”我慢すべき”部分が多かれ少なかれありますが、我慢したところで何も先に得るものが無い、幸せの過程とはとても考えられない我慢もあります。

浮気、借金、暴力などは、明らかに問題が相手方にあり、貴女の苦しみも人から理解してもらえるでしょう。

でも、性格の不一致は、我慢が足りない?私が悪いところもある?結婚ていいことばかりじゃないよね、

と、決定的な打撃がないので、何年も苦しい状態を我慢して続けてしまうのです。

結局、貴女がこれはおかしい!と心底気づき、離婚の覚悟が固まるのは、何年も経ってから(30代後半から45才くらいまでの方が多い)。
貴女の年齢も30代後半から45才くらいではないですか?

性格の不一致による夫婦の亀裂は、新婚当初から深刻さを増し、毎日毎日貴女を苦しめ、片時も幸せを感じられません

いつしか笑顔を失い、自信も喪失し、自らを無能な人間と思いこむようになり、疲れ果てます。本当であれば、もっと早くに、抜け出せる可能性があったかもしれないのに、真面目で常識のある、そして、やさしい貴女は”子供のために”とか”離婚はしてはいけない”と、性格の不一致の状態に、真剣に真っ向から向かい合ってきませんでした。

そして、離婚への決定打がないことから、何年も不幸な日々を我慢し、40歳前後になって、初めて目覚めるのです。

こんな人生は嫌だ!!!
こんな苦しみから抜け出したい!!!
と。

申し込み・問い合わせ→0120-26-4122

東京離婚相談

>モラハラ
>離婚の進め方
>今すぐ電話でご相談
>カウンセリングのご案内

離婚協議書ノート

性格の不一致に陥る結婚のタイプ

離婚相談を日々受けていく中で、気付くことがあります。
性格不一致に悩む方は、「しょうがない結婚」をされた方が実に多いということ。

しょうがない結婚をすると、後々、性格の不一致で苦しむ

カウンセリングシートで、性格の不一致にチェックをつけられた方に、「どうしてこの人と結婚したんですか?」と聞くと、案の定のお返事が返ってきます。

  • もう年齢的に考えて、この人と結婚するしか仕方ないと思った
  • この人と一緒になるのが心配だったので8年も様子を見て、もう悪いところは見尽くしたと思って
  • 挙式の取り決め等の中で不審に思ったことは何度かありました。でも、もう式の段取り等決まり、今さら中止できないと思いました。
  • 私は彼のことが好きではなかったのですが、結婚しようと押されたので仕方なく
  • ”なんか不安”という思いはありました。

もちろん、夫のことが好きだったので、とお答えになる方もいますが、ここでご紹介したような煮え切らない、「しょうがない結婚」をされた方が実に目立つのです。

つまり、”相手が大好きだから結婚した”というのではないのです。

大好きで結婚した、という方は、性格の不一致においては少数派と思われます。

新婚時期は夫婦喧嘩が絶えない

たとえ、お互い大好きだからこその結婚であっても、一緒に生活を始めればいろんな問題が浮き彫りになります。

洗濯物を脱ぎ散らす、水道の水の出し方が気になる、雨戸を起床後すぐに開けない、疲れているのにまとわりついてくる、細かいことをいちいち注意される、、、

いろーんな日常の小さいことで、今まで他人だった人間と一緒に暮らすことの大変さを思い知らされます。

さらに、親族問題も勃発。

なんで先週もあったのに、また今週も会わないといけないの、、、???

新婚の時期は、夫婦喧嘩が絶えないのです。大変なエネルギーが必要です。

でも、好きだから乗り越えられるのです。1年、2年、3年とだんだん状況が落ち着いてきます。

ところが、性格の不一致の問題を抱えている夫婦は、新婚当初から上手くいかず、1年経っても、2年経っても、喧嘩は収まりません。浮気、暴力などの明白な問題がなくても、

貴女はいつしか笑顔が来え、毎日毎日心がふさがれる思いで暮らすようになるのです。

【次ページ】夫が怖い

相手選びの判断の甘さから性格の不一致へ

「結婚したら変わってくれるだろうと思った」という期待、離婚相談で何度も聞く言葉です。

競馬、パチンコ等のギャンブル、借金、女癖、マザコン、子供っぽすぎる点、その他、性格不一致の問題以外にも当てはまります。

<関連記事>
>モラハラ
離婚の進め方
離婚したい
別居
どケチ
転職を繰り返す
家計管理を妻に任せない

妻は夫として、父親として、非常に不安な面を知っているけれども、「結婚したら自覚してくれるだろう」「もう二度としない、と約束したから」と結婚に踏み切ります。

結婚は思い切って踏み込む勇気が必要ですが、貴女が幸せを望むならば、見逃したくなかった点がありました。

離婚相談で日々相談にあたっている私から見れば、

「もうパチンコへは行かない」という約束は、ほぼ100%破られるからです。

一方、これは見破るのは難しい!という約束に、

「結婚したら専業主婦でもいいよ」「家計管理は全て君に任せる」などがあります。

結婚しても、そう簡単に人間は変わりません。言い方を変えれば、変わるところもありますが、借金、女遊び、ギャンブル、共同生活を送る上での相手への感謝、実家とのつきあい、拝金主義、神経質さ、酒乱の部分では変わらないと考えておいた方が当たります。

申し込み・問い合わせ→0120-26-4122

東京離婚相談

>夫が怖い

そんなことを言っていたら一生独身?

性格の不一致による苦しみを知らない多くの方から見れば、「性格の不一致で離婚?」「どうにかならなかったの?もうちょっと、よく話し合えば?」「最近の人はすぐ離婚するからね~」と、我慢が足りないととるでしょう。

”価値観の相違”、”考え方がかけ離れている”、

それがそんなに深刻な問題なの?と世間はとるかもしれませんが、夫婦で一緒に生活をしていると、様々な悪影響があります。

”お互いの個性を尊重する”暮らしとは大違いです。

例えば、

  • 拝金主義、自分より年収の低い妻を無能扱いする。
  • 妻の気持ちを踏みにじってまでも、全てにおいて実家優先
  • 出産立ち合いで、出産で苦しむ妻をおかしいと笑う
  • 意見の相違の際、夫両親に対し、土下座で謝らせる
  • 土日、テレビばっかり見て、何もしようとしない。
  • 事業不振、リストラ等の問題にぶち当たったとき、改善すべく努力、奮起がない
  • 家事で忙しそうにする妻に対し、感謝の気持ち、手伝おうとする気持ちが皆無
  • 子どもの教育は全て妻の責任。子供に問題があれば、育児方法を責める。協力、いたわりの気持ち全くなし。
  • 子どもを全く可愛がらない

そして、これらは日常生活における顕著な性格不一致の表れを抜き出したもので、一緒に生活しているわけですから、小さいことから大きいことまで、1年365日、365回は、精神的なストレスを感じずにはいられないとも言えます。

行き着く先は、

顔も見たくない、頭痛がしてくる、会話するのも嫌だ

という、他人以下の状態。

結婚は人生において重大なイベントです。しょうがない結婚の結末を、よく知っていればきっと妥協はしなかったのではないでしょうか。

運よく、大学や会社で運命の人と出会う人もいれば、一生懸命婚活しなければゴールインできない人もいます。

今交際している男性を逃したら、もしかしたら一生独身かもしれません。

30代を過ぎると、親も多少は結婚しろというプレッシャーを緩め、
「一度は結婚してほしい」などということがあります。

一度は結婚???

嫌だったらすぐに離婚してもいいというニュアンスが含まれていますが、”離婚”が大変なのです。

そして、離婚の決意が固まるまでの何年か、耐える日々です。

性格の不一致の場合は、5年、10年我慢される方はざらにいます。

「我慢が足りないのか?」という葛藤もありますし、そもそも相手がノーと言えば離婚はなかなかできません。

知っておいていただきたいことは、
性格不一致の同居生活は悲惨であるということ。

TVなどでやっている夫婦仲修復のコツ!などといった程度では、どうにもできないほど深刻な問題を抱えている方がいかに多いことか。

>今すぐ電話でご相談
>カウンセリングのご案内

本性を甘く見た

独身時代のこと。通常は、仲良く交際していたけれど、ある日、お酒によった夫がすごい剣幕のべらんめえ調で電話をかけてきたことがある。

その時、すっごくびっくりしたけれど、以後そのようなことはなかったので、結婚したという妻。

案の定ですが、一緒に生活するとこの問題が顕著に表れてきます。

夫が怒ると怖いのです。

実際の暴力がない場合でも、恐ろしくて相手を怒らせないように気を遣う生活を続けることになります。

【次ページ】夫が怖い

★離婚したい、貴女の今の状況はどれ?★

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
離婚すべきか迷っている 離婚したいと時々考える 私の中だけで別れを決意している 夫婦で離婚の合意ができている

性格不一致の一例 ”リスペクトが足りない!” 家事分担のケース

夫婦一緒に生活をすると、デート中になんとなく感じていた???と思う感覚のズレが顕著になってきます。

そのズレが許せず、喧嘩に発展し、相手も喧嘩腰でかかってくるため、事態は一向に良くなりません。

喧嘩の繰り返しから、疲れてきたころに”離婚”した方が楽になれると思うようになります。

例えば、”リスペクトが足りない!”と何かと怒られる妻

夫が妻の家事を手伝ったとき、感謝の仕方が足りないと言って怒るのです。

共働きであっても、夫婦年収の差は200万円以上あり、基本的に妻が家事をする役割。

夫は妻のためにと思って、水、金曜日は自分が夕飯を作ることを提案。

しかし、この分担が難しい!!!

大らかな性格の妻は、曜日を間違えて、夕飯を作り忘れることが時々発生。

仕事から帰ると、「あっ!今日私の番だっけ?」と、夫は妻が夕飯をつくっていないことを知る。

「じゃあ、僕が近所でなんか買ってくる。」と、今家に帰ってきたばかりの夫。

「そう?ありがとう。じゃあ、気を付けてね。」と妻。

ここで夫は、妻に対し大きな不満を感じるのです。

今日の夕飯当番は妻。

作り忘れた妻を責めもせず、買い物に行って夕飯を調達してくるという自分の厚意に対し、その簡単な態度はなんだ???

リスペクトが足りない!

というのです。

適性チェック

>今すぐ電話でご相談
>カウンセリングのご案内

夫としては、妻から夫の優しさに対する感謝の気持ちを聞きたかった。そして、「じゃあ、買い物一緒に行こう!」という言葉を待っていたのです。

怒られた妻は、あまりピンときません。
「ちゃんとありがとう、って言ったのにうるさい。」と妻は妻で不満なのです。

このような感覚のズレはいたるところで夫婦喧嘩の種になります。

ささいなことを巡っての喧嘩なのですが、お互い建設的な話し合いをせず、改善の様子もなく、話し合おうと思っても「自分は正しい」と思い込んでいるのですから、不満は募る一方です。

そして、こんなにうるさく言われるなら離婚したい、と思うようになります。
<関連記事>
>モラハラ
離婚の進め方
離婚したい
別居
どケチ
転職を繰り返す
家計管理を妻に任せない

性格不一致における離婚

相手も離婚したいと思っているとは限らない

お互いもはや愛情もない、一緒にいるのも無駄な状況なのに、相手は離婚を拒否することがあります。

世間体、家政婦がいなくなることへの不便さからか、、、愛情ゆえでないことは確か。

また、別居についても「お前だけ出ていくならいいよ、子供は絶対においてけよ!」といった具合。

今までのように、いいなりになっていたら全くこの状況からは抜け出せませんね。

お互い出ていく先がなく、家庭内にとどまり完全に家庭内別居状態(詳しくは、「家庭内別居の実態・今後、離婚よりマシ?」)に陥っている方も沢山いらっしゃいます。

離婚の覚悟ができて、本気でこの状況から抜け出したい方は、阿部貴子が今後貴女がとるべき行動をアドバイスしますので、ご相談ください。

>今すぐ電話でご相談
>カウンセリングのご案内

離婚するなら、是非おさえておきたい!!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

性格の不一致では、妻の立場が弱いことが多い

強気の妻も時々いますが、性格の不一致でご相談される方は、夫からのモラハラに苦しんでいたり、我慢に我慢を重ねてきた、耐えるタイプ、温和なタイプの妻が多いと言えます。

このタイプの場合、「夫がダメ」と言ったら、ダメなのかなあ~と思ってしまう、つまり、夫の許しが無いと出来ない、と思いこんでしまう思考回路になっていることがあります。

まずは、自分でそこのことに自ら気付き、自分で判断して行動を起こす力を取り戻したいですね。

「●●しても良いでしょうか?」「●●しても大丈夫でしょうか?」と聞いて、許可を得ないと、OKもらわないと行動が起こせないのです。

あなたはどうですか?当てはまりませんか?

5年、10年と性格の不一致に耐え続けてきた貴女は、自由闊達に判断して行動していく方法を忘れてしまったようです。

性格の不一致で離婚するには

ここで離婚の覚悟を固めた貴女。

「性格の不一致で離婚できますか?」と心配されるでしょう。

浮気だったら、浮気の証拠があれば離婚できる。でも、性格の不一致だと、証拠という証拠もないし、、、と。

確かに、裁判までいった場合、強制的に離婚にするだけの証拠がないならば、実現は難しいでしょうね。

でも、9割以上が協議離婚なのです。

浮気の離婚の場合も、証拠は大事ですが、裁判で証拠を使う、というところまでいかず、証拠を使わないまま離婚に至ることが多いのです。

また、明らかに浮気であっても、証拠がとれない、探偵が雇えない、というケースもあることを考えると、協議離婚の難易度は、性格の不一致と浮気では大差ないとも言えます。

では、どうやって進めるか!

これはあの手、この手で複合的に進めていきます。
夫が、「お金はいっさいやらん!」「親権は渡さないからな!」と言ったって、手立てがあることの方が多いのです。

具体的に何をしていいか分からない貴女だからこそ、日々張り合いなく、目的もなく、離婚の準備、具体的な計画すら考えていない、何もやっていないに近い状態ではないでしょうか?

早く平穏を取り戻すためにも、具体的に策を知り、行動に移すべきです。

今だって、準備しておけることがあれもこれも、本当はあることが多いのです。このまま時間を浪費せず、早めに行動に移しましょう。

阿部貴子が、性格の不一致に苦しむ貴女の事情において、どのように離婚を進めていけばいいのか、そもそも離婚すべきなのか等、親身にご相談に乗ります。

>今すぐ電話でご相談
>カウンセリングのご案内

【前へ戻る】離婚理由

【次ページ】夫が怖い

<関連記事>
>モラハラ
離婚の進め方
離婚したい
別居
どケチ
転職を繰り返す
家計管理を妻に任せない

阿部貴子へのご相談 お申し込みフォーム

今すぐ、今後の方針を相談してみましょう。専門家の経験を使い、無駄な苦労は最小限に。。。

電話番号

郵便番号(必須)

住所

種別 ※無料サポートはやっておりません。
面談電話相談離婚公正証書示談書内容証明

第一希望 ご希望日時

第二希望 ご希望日時

※ご予約はまだ成立しておりません。折り返しご連絡いたします。
※調停、裁判中の方は、サポート対象外となります。

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 月1回ペースのメルマガ配信です。だんだんと離婚について勉強していきましょう~↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ
離婚カウンセリング 阿部貴子によるカウンセリング風景
離婚協議書
料金一覧
メール問い合わせ
初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
地図・アクセス

このページの先頭へ