電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

子供の学費を払わない夫


離婚前も離婚後も、、、どちらにおいても、子供の学費を払わない夫はいます。

学費を払わない夫に対し、

貴女がそれでも全然OK、という状況ではなく、

離婚相談にいらっしゃるくらい困っているケースにおいては、

大抵は、

ダブル、トリプル、いえいえ、それ以上に、子供の学費の問題以外にも夫婦間トラブルを抱えていることが多いのです。

「夫婦仲が良いのに学費を払わない」というのは、まずない

夫婦仲が良いのに、夫が子供の学費を払ってくれない、というのはないわけで、

家族にDVとか、モラハラ、経済的いじめ、性格不一致、浮気、、、

そういう問題と、

一つの事象として、

”夫が学費を払わない”という問題が両方妻の負担になっているのが現状と思います。

周りに理解を求めても意味がない、貴女がやるべきことは?

そんな状況にいる貴女は、

周囲に、「うちの夫絶対におかしいよねえ?」と聞いたり、していますか?

もしそうならば、気休め程度にして、やめておきましょう。

一般の方、周囲の多くの方は、性善説で考えています。

相談して、貴女のことを考えて味方してくれる人もいるでしょうが、

「貴女にも問題があるんじゃないの?」

「貴女が払ってもいいんじゃないの?」

なんて言われることもあります。

そして、そういう発言にかみついても、貴女の状況改善には、全く意味がありません。

もっと、自分の価値観を信じても良いと思います。

専業主婦の妻に対して、年収2000万円を超える夫。

そういう家庭においても、

子供の学費、大学卒業まで一切払わない夫、というのはいました。

えっ?どうやって乗り切ったの?

妻の実家が全て金銭を負担したのです。

妻の実家が出費できる余裕があったのか、どうなのか?

でも、本当であれば、もっと早くにどうにかなったのでは?と思いますね。

結局離婚になることもありますね?

そういう時になって、妻の実家の資産が大分目減りしていたり、妻の貯金が空というのは、残念です。

夫がせっせと蓄財していても、それが当然に半分もらえるとと思ったら大間違いなのです。

思いやりがなく、人はどうなってもいいと思っている夫

思いやりがなく、人はどうなってもいいと思っている夫がよく登場します。

専業主婦で50代後半になった妻を、平気で追い出そうとする夫も、何人もいました。

長年連れ添った妻、専業主婦だったから離婚後の生活は大変だろう、、、、

そう思って、財産分与を多めにくれる、、、そんなことは期待できません。

もう子供が大学卒業の頃になって、

今まで過去分を一気に取り返そうと考えても、難しいでしょう。

妻が、親から相続したお金を子供の大学学費につぎ込むこともりますね。

本当にかつかつの家ならば、当たり前、当然かもしれませんが、

夫の年収も十分にあるにも関わらず、

夫は蓄財蓄財、、、と励み、

出費は、全て妻側に求める夫がいるのです。

払ってしまった後から、取り返すのは難しいと思った方が良いでしょう。

特に十分な収入のある夫に対しては、厳しい対応をとって出費させる方法を探った方が良いと思います。

今、40代の方など、今乗り切っても、50代後半で非常に冷酷に離婚を求めてくる夫もいます。

そういうことも考え、貴女のお金を大事にしましょう。


フォローいただいたら、相談時特典あり!

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 最新情報はメルマガでゲットしてください!!!無駄なしの最新情報 ↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ
初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
福利厚生クラブ
地図・アクセス

このページの先頭へ