電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

メディア紹介
どうしてこうなっているのか?今後どうなるのか?どうすればいいのか?
無駄につらい思いを重ねず、専門家の実績を上手に活用しましょう。

離婚カウンセリング


貴女の気持ちを理解する、最強のサポーターです。
日常的な絶望の中から、一緒に抜け出しませんか?

離婚を言われてしまった、、、  夫の浮気が発覚した、、、、  夫との生活がつらい、、、
夫が出て行ってしまった、、、  離婚を迷っている、、、  生活費をもらっていない、、、
離婚の進め方が分からない、、、生活が成り立つか心配、、、修復したい、夫を取り戻したい

精神論だけのただのカウンセリングではありません。具体的な対策までしっかりとサポートします。

面談・電話によるカウンセリングの流れ

説明風景 STEP1 まずは、気軽にお電話ください。

電話番号 0120-26-4122となります。 受付 平日10時~17時まで。 時間外の場合は、お問合せフォームよりお申込みくださいませ。

『お名前』『電話番号』『住所』『ご希望の面談場所(東京のみ。つくばでの面談は終了)』『ご希望日時』『ご希望コース』をお伝えください。
矢印

STEP2 カウンセリング当日 ご予約いただいた日時に、面談場所までお越しくださいませ。

途中で延長ご希望の場合にはその旨お伝えくださいませ。
時間が許す限り対応いたします。 カウンセリング終了後、現金にて料金をお支払ください。 領収書を発行いたします。

矢印

STEP3 アフタフォロー体制を整えております。

リピートのご依頼が多数あることから、リピート割引制度<ルーブル会員>をご用意しております。
>>ルーブル会員の詳細はこちら
継続的なカウンセリングを念頭に、次のご相談がよりスムーズに進むよう、相談内容を記録しております。

展開があったその都度、気軽にご相談ください。

< 離婚相談メニューに戻る

料金

基本料金 追加料金
電話カウンセリング
電話 0120-26-4122
1分160円~(分単位)
90分12,000円(基本)
60分8,400円
面談カウンセリング
ご予約
1分160円~(分単位)
90分12,000円(基本)
60分8,400円
メール
メールを送る
1往復2,200円(基本)

< 離婚相談メニューに戻る

阿部貴子による離婚相談では、30代~40代の女性を中心に、夫婦問題に悩む女性のサポートを行っております。

 
子供にまだ手がかかる、収入が少なく将来に不安がある、夫との関係に限界を感じている、離婚に関し知識がなく不安

そんな30代、40代女性を豊富なカウンセリング実績に基づき、行政書士 離婚カウンセラー阿部貴子がお話を伺います。

 

★携帯の方は電話番号をクリック!★
↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓
申し込み・問い合わせ→0120-26-4122

電話お問合せ

離婚協議書ノート

お客様の声NO1~カウンセリングを受けて

離婚カウンセリングのレビュー2
※クリックすると拡大します。⇒ ⇒ ⇒

< 離婚相談メニューに戻る

離婚カウンセリングを受けようと思った理由
離婚したい気持ちと、どのようにしたら良いのかという焦りで目いっぱいになっていたところでサイトを見ました。法的なことも含め、相談できるという事と、解決策を1つでも持ち帰れるのでは、という期待を持ったので、すがるような思いで連絡してみました。

どのようなことが心配でカウンセリングを受けましたか?
離婚までに必要な準備と手順。子供の親権について。一度調停で失敗しているので、同じ失敗を繰り返さないためにはどうしたらいいか。

当事務所の離婚カウンセリングを受けた感想
これまで「もう少し我慢して、今の生活を続ける」「仮面をかぶって」というアドバイスしかもらえていなかった中で、「我慢しなくても」という言葉をもらえただけで、救われたようでした。具体的な流れや準備などを話してもらえたことで、自分の中でも整理でき、離婚をより具体的なものとしてとらえ、その先をイメージできるようになりました。

カウンセリングルーム

面談でのカウンセリングは完全予約制となっております。
予めお電話かメールにてご予約の上、お越しくださいませ。

>>相談室へのアクセス案内(地図印刷等)

ご予約 0120-26-4122
コンタクトフォームで予約!。※希望日時をお知らせください。

申し込み・問い合わせ→0120-26-4122

東京離婚相談

阿部貴子へのご相談 お申し込みフォーム

今すぐ、今後の方針を相談してみましょう。専門家の経験を使い、無駄な苦労は最小限に。。。

電話番号

郵便番号(必須)

住所

種別 ※無料サポートはやっておりません。
面談電話相談離婚公正証書示談書内容証明

第一希望 ご希望日時

第二希望 ご希望日時

※ご予約はまだ成立しておりません。折り返しご連絡いたします。
※調停、裁判中の方は、サポート対象外となります。

連絡事項(30文字以内でお願いします。)

キャンセル等注意事項

①カウンセリングのキャンセル、予約変更は前日までにお電話かメールにて必ずご連絡ください。 ②当日のキャンセルは、代金半額と振り込み手数料をお客様にご負担いただきます。 ③設定時間より短く面談が終了した場合も、余った分の代金はお返しできません。

お客様の声NO2~カウンセリングを受けて

離婚カウンセリングのレビュー3
※クリックすると拡大します。⇒ ⇒ ⇒

離婚カウンセリングを受けようと思った理由
ホームページを拝見して、女性の方に相談できることや、また、ホームページの内容も充実していたからです。

どのようなことが心配でカウンセリングを受けましたか?
・財産分与
・今後の話(離婚)の進め方

当事務所の離婚カウンセリングを受けられた感想
ぼんやりとイメージしたものが、具体的なプランを考えていかれるようになりました。

離婚カウンセラーはなぜ必要か?

黒いスーツの女性写真

もう証拠は十分にあるのに、自分でも証拠が簡単にとれるケースでも、探偵に何十万も払ってしまったり、弁護士事務所に行って、「離婚した方がいいかしら、、、?」と相談するのは、あまり得策とは思えません

でも、一般の方は初めての経験なので、知らないうちに無駄な時間、お金を費やしているのです。

法律家のところに行けば、悩みは解決される?

いいえ、そうとは限りません。

「離婚した方がいいかしら?」という感情が大きくかかわる問題は法律家に相談しても的確な答えは得られないでしょう。

弁護士のところで、「離婚するかどうするのか決めてから来てください」と言われ、結局具体的なアドバイスは得られず30分5250円の相談料を支払って終了になった方もいらっしゃいます。

訴訟など、やはり最初から弁護士に行った方が良いケースももちろんありますが、
ほとんどの方の協議離婚の場合は、

それぞれの専門家の力の入れいている分野で、適したタイミングで力を借りることが一番良い方法です。

問題の要点が絞れず、漠然とした悩みを抱えて弁護士のところに行っても、
仕方がないのです。

最初の相談先として離婚カウンセラーをお勧めします。

貴女がどうしたいのか?進むべき道を自分で判断できるようにサポート

意思が固まり、離婚したい!と思うなら、いつ離婚するのか?というタイミング、それまでに何を準備すべきか?

とても大事です。

夫の浮気や、子供のことを考え、離婚を考えることが時々あるけれど、どうすればいいのか分からなくなってしまった、、、
という方。

最終的にどうするのか、ご自分でどのように考えを整理し、判断していくのか、指導いたします。

関係を修復するにはどうしたらいいの?

貴女が常識と思っていることが全然夫とはずれている、浮気、姑との関係、仕事、性格のズレ、様々な問題を抱える妻からのご相談をいただいております。

実際に修復にはどうすべきなのか?知ることで貴女の気持ちは随分軽くなることでしょう。

いったい自分の何がいけないの?いくら考えても納得がいかない。分からない。円満を図るにも自分では何を直せばいいのか分からない。このようなご相談もあります。自分自身がモンスター妻、プチモンスター妻だった、ということもあるのです。

そのことに気付かず、どうして?どうして?と悩み続けるのは、足踏み状態で時間がもったいないです。

豊富な事例経験により、カウンセリング後には、貴女が一段高いところから自分を見て、アクションを起こしていくことができることを目的にしっかりとサポートいたします。

※割合は少ないのですが、被害者意識でカウンセリングに来た妻自身がプチモンスターだった、ということもあるのです。育ってきた環境、自身で普通と思っていることが、実は普通ではなかった、、、。だからこそ、普通の常識的な人間同士の結婚が上手くいかないのです。

修復に関する詳細
↓ ↓ ↓
http://abetakako.jp/rikonsoudann/kaunnseringu/syuuhuku/

コミュニケーションの取り方に問題

前述したように、貴女が普通と思っている日常の態度、コミュニケーション方法が知らず知らずのうちに夫婦の溝を作っていることもあります。

例を挙げればきりがありません。ほんの一部をご紹介すると、、、

・仕事から帰宅した夫との会話中、ブログの更新をしている。
・夫との会話中にスマホをいじっている。

そんなことしていないよ~、、と思われましたか?この2例に関しては貴女はセーフだったかもしれませんね。
でもこういうレベルのことの積み重ねで、夫から嫌われることがあるのです。

そして前述2例は実際の問題なのです。夫から注意されても、「もう少しまって、今●●だから。」などと、はっと気づいて謝る、態度をすぐに改めて今後はしない、という改善をしないのです。

この態度が相手にそれほど不快感を与えていると思っていないのです。

コミュニケーションが夫婦亀裂の問題になっている例はいくらでもあります。
単身赴任の夫を放置するのも一例ですね。妻としては、”放置”の意識はおそらく全くないでしょう。でも、家事育児をしっかりやっているだけでは、家庭を守り切れないこともあるのです。

妻が悪い、ということではなく、ちょっとしたコミュニケーション上の知識の有無で、夫婦円満を維持できるかの差が生まれることもあります。

貴女のコミュニケーション、問題はありませんか?離婚カウンセラー阿部貴子がしっかりと夫婦問題のポイントを見抜きます。

性格の不一致、こちらもお読みください。日常の改善のヒント
↓  ↓  ↓
http://abetakako.jp/rikonsoudann/riyuu/seikakuhuicchi/

離婚するにはどうしたらいいの?

夫と離婚について合意できているのか、生活はやっていけるのか子供の年齢、住む場所、等様々なことを考慮し、離婚時期を決めるお手伝いをします。

精神的にどれぐらいまで耐えられるか?耐えられないならば先に別居?

これらのことを総合的に考え最適な判断に導くには、知識と経験が必要です。

離婚カウンセラーが、貴女の知識、経験の不足を補い、サポートいたします。

離婚したい、状況別進め方
↓ ↓ ↓
http://abetakako.jp/rikonsoudann/sitai/

専門家ネットワーク

探偵、弁護士、司法書士、不動産屋、

だいたいこれらの専門家が離婚問題にかかわってきます。

夫婦問題に関連する専門家情報。探偵、行政書士、司法書士、弁護士、、
↓ ↓ ↓
http://abetakako.jp/rikonsoudann/uwaki/tantei/

カウンセリングについて、よくある質問

全てのサポートについて、全国対応なのですか?

はい、離婚相談をはじめ、協議書作成、公正証書サポート等、全てのサービスにおいて全国対応で承っております。
ただ、面談については、地域制限がありますので、ご了承ください。

自分でも気持ちの整理がつかず、考えもまとまっていません。上手に話せるか心配です。

ご安心ください。 離婚相談にいらっしゃる方は皆さん、深刻な悩みをかかえていらっしゃる方ばかりです。 感情が高まり、冷静にお話できないことを心配されると思いますが、本当の気持ち、どうしたいのか、何が問題なのか、上手に引き出すのがカウンセラーの役割です。 相談者様の気持ちを正確に察っし、適格に状況を判断し、アドバイスをすること。日々研鑽に努めておりますので、安心していらしてください。

面談時間を延長できますか?

今までの状況を話すとなると時間内に終わらないかもしれません。面談時間を延長できますか? 基本的に可能です。 離婚相談における延長はよくあることです。 そのため、次のご予約までは1時間以上時間を空けていることが通常です。 しかし、急のご相談等で予約が集中している時には、ご予約いただいた時間でしか対応できない可能性があります。 その場合は、恐れ入りますが、別の日に分けてご相談ください。

遠方からのお申込みにデメリットはありますか?

デメリットはありません
ご相談は電話、メールで十分にやりとりいたしますので、お客様とのご連絡はしっかりといたします。
カウンセリングをはじめ、協議書作成、公正証書サポート等、遠方からのご依頼実績が多数ありますので、安心してご依頼ください。

電話、メール、カウンセリングはどちらが良いでしょうか?

平日10時~17時の間にご都合のつく方に対しては、電話相談をお薦めいたします。
カウンセリングでは、結婚から現在に至るまで、心境、出来事等、様々な観点からお話を伺い、状況を把握する必要があります。
正確な状況把握に基づいてアドバイスいたしますので、お時間に都合のつく方は、電話による方法をお薦めします。

メール相談は、お時間の都合のつかない方、手続きのご相談等に向いたサービスとなっております。

弁護士事務所に行く前に、カウンセリングをお勧めします。

弁護士を利用する場合もありますが、これは離婚の意思、財産分与等、具体的に要望が固まった段階で、夫と話し合いが上手くいかない場合にいく場所です。

阿部貴子によるカウンセリング風景

そして、弁護士に、夫婦問題における心理的なケアを求めることは無理があります。弁護士は法的に問題を解決するプロなのですから。

夫婦問題をかかえていると、潜在的に悩みを誰かに聞いてほしい、という思いがあります。

せっかく、高い料金を払って弁護士相談に行っても、そこで、自分の気持ちをとうとうと述べ、ほとんどの時間自分の悩みを伝えることで1時間終えてしまうこともよくあります。

離婚相談では、弁護士、司法書士、探偵等を効率的に使っていく方法も含め、解決に向けての進め方について適格なアドバイスを提供していきます。

無駄な労力を省くために、気軽にお問合せください。

どうしたいのか自分でも分からない

このサイトに訪問されている方の事情は様々。既に別居状態に陥っている方もいれば、検討中の方、夫が出て行ってしまいそうな方、様々です。

でも共通してい言えることは、”自分がどうすればいいのか、明確には分からない”ということ。

離婚したい!と決意は固いけれど、どう動けばいいのか分からない。
そもそも夫に戻ってきてほしいのか?愛着はあるような気がするけれど、、、と自分の気持ちさえも分からないことがあります。

このままでは何をしないまま、苦しい思いの連続です。
平穏を取り戻す一歩を踏み出すために、カウンセリングをご利用ください。

【次ページ】サポート料金を確認

カウンセリング例 2011年

2011年、当事務所に寄せられたご相談の一部をご紹介いたします。

みんなどんなことを相談しているのかしら?こんな相談でもいいのかしら?

初めての離婚相談抵抗を感じてしまうのは当たりまえ。

当事務所では、財産分与や離婚協議書に関することから、どうしても抑えられない気持ちをどうしたらいいのか?等感情的な問題まで幅ひろくご相談いただけます。

適性チェック

※個人情報保護、守秘義務に触れぬよう、一部内容の変更、簡略など、修正を加えております。

女性40代 子供3人 離婚したい。夫とも合意はできているが、夫と夫親族名義の自宅、預貯金の財産分与をどうしたらいいか?
女性30代 子供なし 単身赴任の夫に夫婦の自覚がない。寂しい気持ちを訴えても私を放置。いつしか夫を他人としてしか見れなくなってしまった。
女性40代 子供2人 ふとしたきっかけで、過去の彼に連絡をとってしまった私。夫との離婚願望が強くなる一方。これでいいのか、、、
女性30代 子供1人 夫の不貞が発覚。その1か月後夫は自宅を出て行った。夫の親と同居の私は今後どうすればいいのか。
女性30代 子供1人 夫から突然離婚してくれと言われた。今までの結婚生活に問題はなく、納得がいかない。
女性40代 子供2人 結婚以来、夫からの言葉の暴力がつづいており、もう我慢の限界。「無能、低能」など。
男性50代 子供1人 妻から離婚を告げられている。財産分与の取り決めについて相談。
女性40代 子供なし 離婚時に残っている住宅ローンをどうすればいいか。
女性40代 子供5人 離婚の合意はできたが、財産分与について相談。
女性40代 子供なし 夫婦仲は悪くないが性生活が10年以上ない。離婚したい。
女性60代 子供 娘夫婦について相談。夫婦問題を抱えている娘に対し、離婚を後押しした方がいいのか相談。
女性30代 子供1人 離婚公正証書を作成した。財産分与の相談。<
女性40代 子供3人 家計意識のない夫。老後資金など全然貯えができない。性格不一致、離婚した方がいいのか。
女性30代 子供2人 夫の浮気。両親が仲裁に入ったところ、夫が激怒し別居。
女性30代 子供1人 結婚して半年。出産したばかりだが、すでに深刻な性格の不一致の問題が発生している。
女性40代 子供1人 夫から離婚を告げられた。修復を望んで夫と話を続けてきたが、諦めの気持ちが強くなってきた。
女性30代 子供1人 夫と結婚以来、性格の不一致。喧嘩の際にはDVもある。何年も前から離婚話があったが、今度こそ離婚に踏み切ろうと思う。
女性30代 子供妊娠中 妊娠中に夫から離婚を告げられる。夫の態度の変貌、浮気を疑っている。
女性40代 子供1人 経済的に非常にケチな夫。欲しいものは、自分の貯蓄を切り崩す生活。夫との性格の不一致、妻を軽視する発言。
女性60代 子供1人 離婚の年金分割、財産分与について相談。
女性40代 子供2人 もう何年も前から夫と離婚したいと考えていた。子供と自宅に住み続け、夫と離婚したい。
女性30代 子供2人 夫から離婚を告げられた。私ももう無理だと諦めたが、経済不安に対して対策をしておきたい。

離婚カウンセリング その他の窓口

日本家族問題相談連盟

shikaku
http://www.nikkaren.com/index.html
離婚カウンセラーで有名な岡野あつこ先生が2001年に設立されたNPO法人です。

社会の最小単位である家族、夫婦、男女関係における問題に対し、メンタル面での助言、生活改善、啓蒙などの活動を行っていらっしゃいます。

カウンセラー阿部貴子もこの日本家族問題相談連盟で離婚カウンセリングの専門家資格を取得しました。

社団法人 日本離婚カウンセリング協会

http://school.jdca.or.jp/
理事長 竹内 弥智子さん、顧問に鳩山邦夫さんの名前が掲載されています。
こちらの日本離婚カウンセリング協会でも、先にご紹介した日本家族問題相談連盟と同じく、離婚カウンセラー資格の認定試験、研修、カウンセリングを行っています。

一般財団法人 日本能力開発推進協会

http://www.jadp-society.or.jp/jadp/01kouza/07-huuhu.php

こちらの協会では、「夫婦カウンセラー」の認定試験を実施しています。

ここまででで、離婚カウンセリングに役立つ資格の認定を行っている団体を3つ、ご紹介しました。

岡野あつこさんの団体、日本家族問題相談連盟は、岡野あつこさん自身が有名でご活躍されており、私を含め多くの離婚カウンセラーがこの連盟に所属していることから、世間でよく活動が知られていることと思います。

しかし、2つ目、3つ目の協会に関しては、正直、私はあまり情報がありません。
特に、日本能力開発推進協会の方は、理事長 横田正隆がどのような方なのか、ネット上いろいろ検索しましたが、結局分からず。

ネット上、いくつか見ての感想ですが、
司法書士さんなど、他の業務を本業としている方が、サブの補足資格として離婚カウンセラー資格を取得される場合に、日本能力開発推進協会の認定を取られているように思います。

日本カウンセリング学会

http://www.jacs1967.jp/

カウンセリングの現場で、クライアント自身がカウンセリングの勉強をされている、とお話されることがあります。産業カウンセラー、心理カウンセラー、離婚カウンセラー、様々なカウンセラーがありますが、自身の悩みを解決する糸口として、そもそもの専門家としての勉強をされる方もいらっしゃるようです。
日本カウンセリング協会では、「認定カウンセラー」の認定を行っているとのこと。就職のために、こういった資格取得を検討しても良いですね。


シングルマザーのコミュニティーへ

te★携帯の方は電話番号をクリック!★
↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓
申し込み・問い合わせ→0120-26-4122

電話お問合せ

離婚カウンセリング 阿部貴子によるカウンセリング風景
離婚協議書
料金一覧
メール問い合わせ
初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
福利厚生クラブ
地図・アクセス

このページの先頭へ