電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

夫婦別姓を認めない民法は”合憲”と、最高裁で判決(2015.12.16)

「結婚に当たって多くの女性は改姓を強いられている」と夫婦別姓の撤廃を求める原告は、
1審、2審で敗訴し、さらに最高裁に上告。

原告の一人、塚本協子さんのインタビューがTVで何度も流されますが、夫婦別姓を訴える思いに至った経緯が
子ども時代から感じた男女差別、家父長制度により女は虐げられてきた経験が紹介されている。

最高裁が夫婦別姓を認めない民法を合憲とした理由として、改姓でアイデンティティーを喪失するという見方もあるが、
通称使用が認められているため、緩和されている、とし、
またこの議論は国会ですべき問題と指摘。

社会の風潮、文化で状況がますます変化し、将来的に夫婦別姓が認めらる時代が来るかもしれない。

要は、結婚の際に、喜んで夫の苗字になり、名乗ることに憧れさえ抱く


阿部の意見

今回の”夫婦別姓を認めない民法は合憲”という最高裁の判決に賛同する人、反対する人、それぞれの主張はもっとものように思う。
ちなみに、賛同する人達のネット上での主張を見てみると、

「じゃあ、なんで結婚するの?」「必ずしも妻が改姓しなくても、婿とる方法もあるでしょう?」「どうしてそんなに名前にこだわるの?」と理解不能な様子。

そして、阿部自身は個人的には夫婦は同一姓でいいと考えている。
しかし、国全体の制度としてみた場合は、多様な価値観をもつ人間にもなっとくする選択肢はもっておくのは有り、と思う。

しかし、夫婦別姓になった場合、子供の苗字はどうなるの?母とそのほか父子が別姓という状況もありうることを考えると、新たなバトルも勃発すると思う。

会社での通称程度ではなく、家庭に別姓を持ち込んだ場合どのような影響を及ぼすのか、いまいち具体的イメージができない。漠然とした不安がある。

また、夫婦別姓の制度が出来上がったとして、その選択を本当に女性が自由に選択できるのか?疑問。夫婦の性格で力関係に上下が生まれることはある。

結婚の時にも、挙式の取り決め、住居の問題などで、何かと納得いかないまま夫の意見に従う妻がいる。

そう考えると、夫婦別姓を良しと思っていても、実際には選択できない人もでてくると思う。

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 月1回ペースのメルマガ配信です。だんだんと離婚について勉強していきましょう~↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ
離婚カウンセリング 阿部貴子によるカウンセリング風景
離婚協議書
料金一覧
メール問い合わせ
初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
福利厚生クラブ
地図・アクセス

このページの先頭へ