香川照之さんの家庭内別居。何が問題だった? | 女性の生活を支える離婚相談
ハダギワバナー
電話予約案内メール予約トップへ
⇒⇒⇒東京相談室アクセス※電話相談は全国対応!!!

人気記事:浮気 | 離婚したい | 別居 | 夫婦修復 | 財産分与 | 離婚協議書

香川照之さんの家庭内別居。何が問題だった?


「半沢直樹」「MOZU」、、、等、テレビドラマを見ればいろ~んなところで、バシッと重みを加えている香川照之さん。

演技が上手で、存在感があって、正にいい役者さんです。

お仕事が順風満帆な反面、家庭内の不和が報道されました。

”火のない所に煙は立たぬ”と思いますので、
家庭内別居の真実は分からないにせよ、何かしら問題があるんだろうと思われます。

香川照之さんの家庭内別居報道と、私の離婚相談の現場情報を併せて、いろいろと考察していきたいと思います。

フラッシュによる家庭内別居報道

同誌によると、香川は95年に元大手航空会社のキャビンアテンダントをつとめていた女性と結婚。現在、歌舞伎役者としてデビューした長男・政明くんと長女という2人の子供に恵まれたが、長年“冷戦状態”だった脳梗塞で倒れた父で歌舞伎俳優の市川猿翁と電撃和解し、11年の秋頃に妻に相談なく、猿翁と交際女性を自宅に同居させたころから妻との関係が悪化。
引用元http://news.livedoor.com/article/detail/9021880/

この記事で見逃せないのが、
”妻に相談なく、猿翁と交際女性を自宅に同居させた”
というところ。

男性の中には、こういう強行突破をしてしまう人がいるんです。
香川照之さん報道以外にも。

「相談すれば、間違いなく拒否されるだろう」
だったら、先に既成事実を築いてしまおう。

後から謝ればいい、大事にしていんだからわかってもらえるだろう、仕方がない、これしか方法がない、

そういう心境で、大事なことを妻に相談せず、強行してしまうのです。

一般家庭でもよくあることです。

仕事を辞める、起業する、独りになった姑を引き取る、

これって、嫁である妻にとっても大問題なのですが、ろくな相談もなく夫が独断で進めてしまうことあるのです。

夫は、”仕方がなかった”と思っていても、この影響は大きいです。
妻の気持ちが夫から一気に離れるでしょう。
だって、妻からすれば大きな裏切りなのですから。

最終的に妻の反対を押し切って強行突破することになっても、
”妻に事前に話す”ことは非常に大事です。

離婚相談の現場で実感するのは、妻というのは「自分に相談なく勝手に夫がやった」ということにこだわるものです。

「梨園では歌舞伎役者の妻は、ロビーに立って後援会やご贔屓のかたがたに挨拶するのが慣例です。しかし、香川さんの奥さん・A子さんは歌舞伎座に姿を見せずに、代わりに母親の浜木綿子さん(78才)がロビー活動をおやりになっていました。これはかなり異例のことといえますよ。夫婦間に何かトラブルでもあったのかな…って思ってました」
引用http://news.livedoor.com/article/detail/9059325/

容易に修復できる程度の不和であれば、
妻も夫の仕事を一応は支えるでしょう。表面上は取り繕うものです。

香川照之さんのケースでいえば、歌舞伎役者の妻として、ロビーでのご挨拶等。

歌舞伎座にいくと、役者の奥さんたちいらっしゃいますね。
そうするもの、と考えられていますし、しかも、歌舞伎座デビューという大事な時であれば、なおさら、そこそこの不和であっても、普通の妻、常識ある妻なら行くでしょうね。

でも、来なかった。

これは、妻の心理状態としては、ぷっつーんと、”体裁をつくろう”ことさえやめてしまった、つまり、かなり夫婦関係悪化の表れと想像されます。

だって、数か月で修復できるような、元の鞘にもどるような不和なら、他人にまで分かるような形で不和状態の体は表さないですから。普通。

そして、こういう段階にまで不仲状態が進んでいるなら、”家庭内別居”状態に陥っているのも納得。

単に会話しないだけなのか、、、

それとも、完全に食事も別、選択も別、妻は夫のための家事を一切せず、

という、深刻な家庭内別居なのか、これは外からは分からないですし、マスコミもこんなプライベートなことは分からないでしょうね。

そして、
この家庭内別居は精神的に非常にキツイです。

普通の人なら、家庭内別居は嫌で嫌で仕方なくなります。早く別れたいと。

じゃあ、なぜ家庭内別居を続けているの?

離婚相談でのヒヤリングでは、経済的な問題が大きな原因です。

妻も夫も、この家を出て行ったら住むところが無い。
相手が出て行ってくれればいいのに!でも相手も出ていくのは難しいだろうなあ、と。
他にアパートを借りる金銭的な余裕はないし。

あとは、自宅の取り合い状態のケース。

離婚になったらこの家が欲しい!

そうお互いが思っている場合は、陣取り合戦のような感じで、
家に居座ることがあります。
相手に取られないように、自宅に居座る。

お互いが同じ考えでいるから、家庭内別居は続く、ということです。

香川照之さんのケースはどうでしょうか?

大活躍の方なので、特別な事情がない限り、金銭的な余裕はかなりあるのではないでしょうか?

そう考えると、家庭内別居を続けると、お互いエネルギーを削ぐだけですし、
離婚に至ってしまう可能性もあるかもしれませんね。

香川照之さんの特別の事情といえば、、、、

「香川さんの自宅には、自室を改築した稽古部屋があって、香川さんは仕事が終われば、その部屋にこもって、團子くんとともにずっと稽古しているみたいなんです。

息子を歌舞伎役者にする、ということと言えます。

通常離婚すると、妻が子供を引き取ることが多いです。
でも、歌舞伎役者にすべく、香川照之さんと特訓中のようですから、父子を離すのは難しい様子が伺えます。

難しいですね。

離婚になった場合、世間一般と同じように、、、とはなかなかなりづらいところと思います。

<関連記事>
雨宮塔子「、寂しさに堪え切れませんでした、、、」(9月5日)
森進一の不倫騒動勃発、本当に誤解?(7月8日)
浮気で痛手を被るのはどっち?尾上松也さん・前田敦子さん(6月23日)
ダウンタウン浜田雅功・妻小川菜摘の対応、好評価の理由(6月20日)
布川敏和・つちやかおり、不倫を公言しても痛手にならない?(5月3日)
離婚カウンセラー岡野あつこさんが離婚(3月24日)


フォローいただいたら、相談時特典あり!

東京離婚相談

ご予約専用ダイヤル
↓ ↓ ↓ 最新情報はメルマガでゲットしてください!!!無駄なしの最新情報 ↓ ↓ ↓
メルマガ購読・解除
 
シングルマザーのコミュニティーへ
初めての方はこちら
離婚カウンセリング
サービス一覧・料金
メルマガ配信中
福利厚生クラブ
地図・アクセス

このページの先頭へ