離婚協議書 | 財産分与 | 住宅ローン | 養育費年金分割 | 慰謝料 | 離婚公正証書

電話お問合せ

【慰謝料】夫や愛人からもらう方法

当センターに寄せられるご相談のうち、浮気関連は多数を占めます。

夫に浮気された妻は、夫に慰謝料を請求しているのでしょうか?

当センターでみるところ、請求しないことも多数あります。

  • 夫が支払わないと言い張って話が進まないので
  • 財産分与でお金をもらうので
  • 夫はお金ないので請求しても仕方ない
  • 浮気をしていると思うが、確たる証拠がないので

だいたい上記の理由により、慰謝料請求されない方もいます。

”請求するのは自由”だけれども、それを”支払わせる”までもっていくのは非常に大変です。

妻は精神的に疲弊していることが多く、できるだけ多く金額は欲しいけれども、問題の長期化、トラブルが大きくなることは避けたいということでしょう。

夫に請求して断られたところで、次の手続きとして裁判まで話をもっていくには証拠が不十分、と諦めているケースもあります。

慰謝料といってもそれほど高額な金額がもらえるわけではないので、財産分与で納得の金額がもらえれば、それでいいかと思う、さらに請求するというのは、もうこれ以上夫と関わりたくないし、長期化させたくないので、この辺で仕方ないと思う、と考える方が実際は多いのではないでしょうか?

離婚協議書・メルマガ

慰謝料をもらうも、認識のズレに注意

夫に慰謝料を請求して「わかったよ。払うよ。」とか「浮気をしたから、当然払う」と思っている夫もいますので、そういう夫からもらうのは難しくありません。

ここでの注意は、そのような金銭支払いを決めるときには、離婚協議書・公正証書をしっかりと作成して、財産分与等他のこともすべて取り決め、その中の一つとして慰謝料を決めると良いでしょう。

理由は、夫によっては、慰謝料さえ払えば、それでOKと思っていることもあるということです。

妻は、慰謝料に加え、他に財産分与をもらうつもりであるところ、「●●●万払っただろう!」と夫に言われ、後から認識のズレに気付くこともあります。

つまり、慰謝料としてまとまった金額を妻に支払った夫は、既に離婚の話し合いは終了と考え、話し合いが難しくなるケースがあります。

離婚する場合は、慰謝料だけを取り上げて夫に請求するのではなく、財産分与等も含め、離婚条件全体について取り決めていくと良いでしょう。

夫への慰謝料請求が重要になるとき

別れる妻にお金を払いたくない、という夫は多いです。

そもそも、夫婦で財産分与できるだけの蓄えがない、なおかつ、夫がすぐに怒り出し協議にならない、お金も全然くれない、というような場合は、慰謝料をしっかり請求することも考えた方がよいでしょう。

財産分与で離婚後も生活していけるだけのお金がもらえるならば、慰謝料請求は必要ない、と考えることができます。

でも、財産分与ももらえそうにない、期待できないという場合は、慰謝料請求を検討しましょう。

慰謝料請求については、慰謝料支払いに相当するだけの不貞、暴力等があるか、と、証拠があるか?がポイントになります。

協議でいやがる夫に支払わせるところまでもっていくのは大変です。

自力が無理な場合は、

弁護士を入れる、家庭裁判所を利用することも考えましょう。

弁護士については、弁護士費用をよく考えておく必要があります。

慰謝料50万円請求し、弁護士に25万円支払う。結局手元には25万円しか残らない。

こういう計算は頭の中で済ませておくと良いでしょう。

そもそも、弁護士を雇ったり、裁判所に持ち込んで耐えられるだけの証拠が揃っているのか?今後の方針を定める上で、重要です。

”諦める”という選択肢ももちろんあります。

 

愛人からもらえるか?

当センターの相談者を見ると、夫の浮気相手女性に慰謝料請求する人、しない人、それぞれいらっしゃいます。
それぞれの考え方を見てみましょう。

>夫の愛人はこんな女性ではないですか?

慰謝料請求する妻

相手女性に慰謝料請求や、警告などにより、女性から身を引いてもらうように働きかけないと、夫は妻のもとに戻ってこない

この夫婦関係破綻の元凶である女性に、痛い思いをさせたいこのままでは済ませたくない気持ちが強い。

探偵にお金をつぎ込み、夫からも財産分与が多くないので、少しでも金額を得るために女性にも請求する。

慰謝料請求しない妻

夫が浮気をした結果の離婚であることは明白だけれども、女性に責任追及するだけの証拠がない

早く夫婦間のゴタゴタを終わりにしたい

夫から財産分与をある程度納得いくくらいにもらった

離婚するとはいえ、夫との関係悪化を避けたい

慰謝料はもらえる?

夫に対する慰謝料と同じく、請求するのは難しく無いけれど、支払わせるのは大変、ということでしょう。
大変かどうかは、相手の出方によります。

そもそも夫婦関係が破たんした上での浮気なのか?夫が執拗に女性に交際をせがんだとか、そういうことも慰謝料に影響します。

証拠が揃っているか、弁護士を雇うか、いくら請求するか、上手くいかない場合は裁判まで行くか、先のことまで考えて行動に移しましょう。

配偶者の浮気で貴女はどのような対応をとるのか?浮気に関する相談実績多数の阿部貴子にご相談ください。

 

夫への請求はいくらぐらい?

慰謝料の対象として、不貞行為、悪意の遺棄、暴力などがありますが、その行為そのものによって裁判所で金額を決めるのではありません。

その行為の程度、婚姻期間、子どもの有無、配偶者の収入等によって決められます。

また、双方に離婚の原因がある場合、減額されたり、もらえなかったりすることもあるようです。

協議離婚の場合は、明らかに夫が離婚原因を作った場合でも、慰謝料ゼロということは多々あるものです。

浮気夫でしかも暴言癖があり、強い態度に出てくる場合は、「慰謝料払え!」と戦うのはほどほどで諦め、早く縁を切りたいと考えることもあります。

逆に、罪の意識から慰謝料を妻に対し、平均年収くらいの夫が1000万円も設定することがあります。しかし、このケースは非常にまれです。

離婚協議書・メルマガ

請求せず

当方に離婚公正証書をご依頼いただいた妻の例で説明すると、請求しない妻は多いです。
浮気をしているにも関わらず、「お前のせいで」と妻に責任転嫁し、なんとしても慰謝料に応じない夫は多いのです。

結局いくら夫からもらえるの?が妻にとって大事なことが多いので、”慰謝料”という言葉を持ち出して夫との協議が難航するよりは、財産分与がしっかりもらえればいい、とお考えのようです。

300万前後

浮気夫が自分から「支払う」と言い出す場合、夫がネットなどで相場を調べ、だいたいこんなもんと200万~350万円くらいを指定してくることがあります。

約1000万

非常に稀ですが、年収は普通より少し多いかな?という夫が妻に対し高額な慰謝料支払いをすることがあります。

夫は、妻子を捨てて浮気相手と結婚することを考え、非常に申し訳なく思っているケースです。
養育費、財産分与とは別に、高額な慰謝料を自分から設定してきました。

愛人への請求はいくらぐらい?

当センターのお客様の傾向をもとに説明します。

100万円の設定

示談書により、愛人の身を引かせる場合、100万円の設定を選ぶ方が多いようです。

つまり、
「今後、夫と交際をつづけた場合は●●●万円を支払う。」という内容の契約を愛人と結ぶ場合、100万円にされる方が多い、ということです。
<理由>

  • お金をもらうことではなく、夫との関係を切ってもらうことが目的だから。
  • 愛人は年収がそれほど多くないので、100万円で十分プレッシャーを与えられると思う。
  • 夫に万が一このことが知られても、100万円程度なら、「お金を請求する」という悪い印象を与えないように思う。

300万未満の設定

愛人への怒りが強い場合、妻としてはできるだけ多く慰謝料を払わせたいと考えています。

弁護士を雇い、弁護士からの内容証明送付、その後の訴訟まで行ってでも戦う意志の妻です。
もちろん、十分な証拠がそろっている上での選択です。

実際請求した金額がもらえるかは、相手の出方次第。請求に応じて払ってくれれば良いですが、相手も弁護士を雇ってきた場合、訴訟までいった場合は、請求通りにはいかない可能性も十分ありますね。

いつまで請求できるのか?

有責配偶者に対する請求は、不法行為による損害賠償請求と考えられ、民法724条により3年で消滅時効にかかります。

いつから数えて3年なのか?ということが問題になりますが、

離婚しないまま慰謝料請求をお考えの方で浮気を知ってからから3年経過しそうな方
離婚後年数が経っている方、

等は、弁護士に確認することをお薦めします。

「民法第724条  不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。」

引用元
http://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC724%E6%9D%A1

> 夫の浮気、貴女はどう対応すべきか?

阿部が直接ご相談に乗ります

ご予約専用ダイヤル
離婚カウンセリング 阿部貴子によるカウンセリング風景
離婚協議書
料金一覧
メール問い合わせ
サブコンテンツ

このページの先頭へ