阿部貴子よりごあいさつ

profマダム・ディプレッションへようこそ

鏡を見れば、まだ若さも保ってはいるけれど、
着実に加齢を感じる、

子どもは学齢期入り、教育は本格スタート。

妻として、母として、まさに人生本番の時期を送っている、
そして、教育、家計、美容、仕事においても、もう後回しできない、
”今何をするか?”が非常に大事な世代を、

悩み多き、「ディプレッション世代」と名付けました。

正に、女として人生本番です。

阿部貴子もその一人。

ディプレッション世代の一人として、阿部貴子の関心事、模索の様子をご紹介していきます。

まだまだ成長できる、どこへ向かって?どうやって?

このページの先頭へ