口頭によるエステ解約

>>ハガキを送れば大丈夫か?
>>クレジット契約をしている場合

一般の方が犯しやすい間違い、それは、

口頭でエステ解約を告げること。

契約時の説明をよく思い出してください。

エステ契約においては、事前に中途解約、クーリングオフについて書面を交付され、そしてそれについての説明を受ける決まりになっています。
そして、契約書にも、ちゃんと「書面によって通知」する旨、記載されているはずです。

ご自分の契約書の説明書きを確認してみましょう。

なぜ書面なのか?それは、口頭による解約では、トラブルが起きやすい、からです。
したがって、法律でも通知は「書面で」と決められているのです。

書面で通知する必要があるんですか?
もちろん”はい”です。

口頭で解約を告げ、適切な処理をしていただけた場合はそれで良し。
でも、適切な対応をとってもらえなかった場合はどうしますか?

申し出る日がいつなのかによって、クーリングオフや、中途解約では扱いが大きく変わってしまうことがあります。
口頭で解約を告げ、エステ店の回答を待っている間に、クーリングオフ期間が過ぎてしまった・・・

そのような事態になってしまっても、
口頭で告げたことなので、何も証拠がありません。

エステ店から改めて「通知は書面でお願いしています。」と言われて、クーリングオフ期間後に解約通知を出すハメになるかもしれません。

また、単なる書面でも不安です。
内容そのもの、までも証拠として残せる「内容証明郵便」による解約通知を当サイトではお薦めしています。

>>クーリングオフ・中途解約できるエステ契約とは?
>>クレジット契約をしている場合
>>ハガキを送れば大丈夫か?

サブコンテンツ


このページの先頭へ