顔中のシミ予備軍を指摘され、これは大変!と思った

<<チラシを見て、憧れのエステ店へ

>>何度も断ったけれど、エステシャンに気を遣ってしまった私

エステ店は大手チェーン店ではなく、雑居ビルに入っている個人でやっているエステ店だったと思います。

エステの内容自体はいいものだったと思います。
でもよくあるあの機械が出てきましたね。

ここに顔を当ててみてください、といって機械に顔を当てると将来のシミ予備軍が青い点で沢山見えるやつ。
あれをやりました。

当時、まだ大学生だったのですが、私の顔中に青い点だらけ。
エステシャンは、「お手入れをちゃんとしないとこういうシミ予備軍が沢山出てきてしまいますよ~」と言っていました。
私は、「へえええ、それは大変だ」なんて思ったのを覚えています。

これが本当か嘘かはわかりませんが、これが営業トークの材料にされ、化粧品を買わされたという話は他でも聞きます。

そうです、そのエステ自体、私は満足だったのですが、
「ちょっとこちらでお待ちください」と言われて、別室で強引なエステ契約と化粧品セールスをされたのです。
先ほどの青い点々が沢山だったから、放っておくと将来が大変だ、ということで。

<<チラシを見て、憧れのエステ店へ

>>何度も断ったけれど、エステシャンに気を遣ってしまった私

サブコンテンツ


このページの先頭へ