またあのエステ会社に中途解約通知発信

<<それだけでは済まされない、体験エステ

当事務所では、今までに沢山の方から、エステの中途解約や、クーリングオフに関するご相談を承ってきました。

すると、「またこのエステサロンかあ」とか、エステサロンは違っても、大元のエステ会社が同じで、「またこの会社かあ」ということがよくあります。

営業が強引で、お客様が不快に思うほどに化粧品の購入を迫ってきたり、追加のコースを押し付けてきたり。

問題のあるエステ店は中途解約されることが多いのは当然ですから、自然、そういうサロン向けに当方が通知代行をすることが多くなるのでしょう。

お客様はよく、「もうあそことはかかわりたくないので、電話もかかってこないようにしてほしい。」とか、「エステサロンにもう行きたくないので、出向かないで済むようにお願いします。」とかおっしゃいます。

「サロンの不愉快な言動や対応に精神的にまいっているので、、、、お願いします。」という方もいらっしゃいます。

当方で承るエステ解約通知は、小さいサロン向けが多いのですが、中には大手も含まれています。

大手サロンだからといって、有名デパート内にあるからといって、安心はできません。

大手サロン会社は問題なくても、個々のサロンはそれぞれ個性があるのかもしれませんね。

大手のとあるサロンに当方は複数解約通知を発信しています。
お客様のお話を聞くと、対応の悪いサロンなんだろう、と想像がつきます。

また、いくつかある大手の中でも、なぜかこのエステ会社が多い、ということもあります。

名前は出せませんが、やはりエステ会社全体の雰囲気として、何かお客様対応を誤っているのかもしれませんね。

本来、気分よく、リラックスしにいくはずのエステなのですが、
高額な金額がかかることが多く、また長期間の契約になるため、トラブルが発生する余地を含んでいます。

こういう対応の悪いエステ店には、法律に定められているとおり、しっかりと「書面」で解約通知を送るようにしましょう。

口頭での解約では、後々トラブルが発生することが予想されます。

>>「モデルも通っているんですよ~」

サブコンテンツ


このページの先頭へ