時計が難しい(小学2年先取り算数)

今、東京書籍3年生上の時計の問題を小学2年の子供にやらせています。

時計、難しい。

例えば、

今9時40分です。30分後の時間は?

というような問題。

それに、いろいろ余計な文章を組み込んで、A君は9時40分に家をでて、30分歩いて学校につきました。
学校についた時間は、何時何分ですか?

みたいな問題。

図を分かりやすーーーく書いて説明しても、

今度は、
家から30分歩いて、学校に10時10分につきました。

さて、家を出た時刻は?

と聞くと、もうわからない。

これもまた、非常に分かりやすい図を描いているのですが、
理解できず。

時計問題嫌いにならないように、1日おきにアタック。

ちょっと触って、踏み込んで、で、
教科書の他の章の掛け算とか、三桁の足し算、引き算を混ぜながらやっています。

とことん理解するまで、一日でギューギューというやり方は、
拒否反応が出てダメと思います。

根気よく、しっかり理解できるまで、
1日おきに、何度がつっつく感じで挑みます。

でも、ここでひっかかってしまうの、なんとなくわかる。

時の流れを図に表す、というその概念が分からないんじゃないかなあ?

今9時40分です。10分後は?というような問題はとけるんだけれど、
10時をまたぐとダメですね。

今晩また、トライします。

読んでくださった方はポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ