コスメ

40歳からの本物志向のすすめ

コスメ難民だった20代、30代の在り方に別れを告げ、40代からは本物志向で生きていきたい。

これまでは、大手企業だから、高額だから、売れているコスメだからと深く考えずに値段とイメージでコスメを購入していた人も多いことでしょう

でも、40代になるとカネボウの白斑事件、茶のしずく石鹸事件、ヘアカラーでの問題など、店頭に並んでいるメジャー商品にも危険が潜み、無知であるがゆえにイメージで購入するという”無知な消費者”であったに自らの在り方に徐々に気づいてきます

40歳からは、本物志向で生きていきたい。

それは、単に高額ということを指すのではなく、またコスメフリークになるというのではなく、必要な知識をもって自分の大事な顔に毎日塗るのに、適切なコスメを選んでいく、ということ

このマダム・ディプレッションでは40代女性の本物志向を賢く実現するための情報を厳選して提供することに努めます。

メイクをしてこその”美しさ”が好き

メイクやスキンケアのコスメには、肌に良くない成分が含まれており、ノーメイクで過ごすのが一番美肌に良い。

たしかにそうかもしれないけれど、コスメを使ってこそ実現できる女性の美しさは捨てがたい
美肌にちょっとメイクするだけで、断然華やかさはアップ。

メイクが肌に悪いからとすっぴんで過ごすことが書籍に書かれていても、やっぱりメイクしないとシャンとしない

服装もさっぱりさらりとした”素”を感じさせるものよりは、もっと積極的なオシャレを楽しむ派。

そうすると、メイクをしないと全体のバランスが取れない

そんなマダムは、その気持ちを大切にコスメと付き合うことです。

完璧は求めなくて良い。美肌を手に入れたいのも人生を楽しみたいから。

しかし、無知はいけない。正しい知識がある上で取捨選択し、自分にあった美肌探求をすれば良い、とそのように阿部は考えております。

このページの先頭へ