しっとり肌とサラサラ肌、目指すべきはどっち?

しっとり肌とサラサラ肌、どちらを目指す?

基礎化粧品を購入する際に、販売する美容員から「ほらっ、お肌がしっとりしていますでしょう?」と言われたりします。

肌の乾燥は肌の大敵ですから、肌はしっとりとしていた方が良いように思います。

が、

これも一般人の誤解で、正しくは”サラサラ肌”の方が求めるべき状態なのです。

つまり、”少し乾燥気味”の状態です。

何も付けていない子供の肌、サラサラですよね。その状態が理想。

でも、乾燥しすぎはよくありませんので誤解のありませんようにご注意ください。

なぜ、サラサラ肌の方がいいの?

なぜ、サラサラ肌の方がいいの?

これは、ターンオーバーに関係します。

>>ターンオーバーのメカニズム
でお伝えしましたが、

ターンオーバーを進めるには、表面の角質細胞が規則正しく垢として剥がれ落ちることが大事なのです。

垢として剥がれ落ちることで、また新し細胞が生まれ、ターンオーバーが進むのです

そこで、肌がしっとりしているよりは、サラサラしていた方が垢がはがれ、新しい細胞が生まれやすく、理想的ということです。

保湿を心掛け、過度に肌を潤わせていると垢がなかなか剥がれ落ちないということになります。

このページの先頭へ