肝斑対策

肝斑の特徴・原因

30代~40代の女性に浮き出てくることが多く、両ほほ対照的に比較的広い範囲でできることが特徴。

原因はホルモンバランスの崩れと言われており、妊娠やピルの服用がきっかけとなって現れてくることがある。
閉経する50代後半に自然に消えていくとみられる。

また、単なる擦り過ぎによるストレスが原因という意見もあり、クレンジング洗顔方法を見直し、擦り過ぎを改めることで改善されていくという皮膚科医もいる。

30代後半から40代で発し、50代後半までで収まるというのも、化粧を念入りにする時期だからで、ホルモンが原因という説に異論を唱えている。

一般人にとって結局どちらが正しいのか分からない。
また、皮膚科医にとっても、このように意見が割れている(治療法が変化してきている)状況である。

肝斑対策・スキンケア

治療方法としては、”トラネキサム酸”が効果的と現在考えられており、市販の肝斑用の薬の他、皮膚科でも処方されている。
しかし、このトラネキサム酸は、止血効果もあることから、人によっては血栓を作ってしまう危険がある。

レーザー治療が肝斑を悪化させる、いやいやそれは未熟な医師が問題を起こすケースがあるだけで、肝斑にもレーザー治療が有効だ、と意見が分かれる(治療方法が変化してきている。)。

このような状況を考えると、肝斑は紫外線によって濃くなることも指摘されていることから、従来の紫外線防止対策と、洗顔の見直しによる肌への負担の軽減で対処することが、まず最初にやってみる肝斑に対するスキンケアと思う。

何しろ”顔”なので、失敗は許されない。肝斑は50代後半には薄れてくる、消えてくるのだから。

このページの先頭へ